「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おもっきし行こう!】群馬県の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
高校野球,練習風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

群馬県出身の高校野球ファン必見!
今年はどの強豪が名乗りを上げるのか、現在の群馬県は古豪と新鋭が競い合っており非常におもしろい。
今回は群馬県の野球強豪校を5校ピックアップしてご紹介しよう。

古豪!群馬県立桐生高等学校

群馬県立桐生高等学校は、「文武両道」、「独立自尊」を校訓としている。
野球部のほか、バドミントン部や卓球部、陸上部や少林寺拳法部、吹奏楽部が活躍している学校だ。

最近は私立高校に押されて甲子園からは遠ざかっているが、春夏合わせて26回(春12回、夏14回)の甲子園大会出場を誇る公立高校で、戦前から戦後にかけては、北関東の高校野球界を牽引する存在だった。
私立勢に負けず、久しぶりの出場が待ち望まれるところだ。

県勢初優勝!桐生第一高等学校

桐生一校の歴史は古く、そもそもは明治33年に創設された桐生裁縫専門女学館がその始めとなっている。昭和43年に高等学校男子部を設置し現在の形となった。
甲子園大会には春5回、夏9回の合計14回出場している。

桐生一校と言えば、正田樹投手や小林正人投手、一場靖弘投手や藤岡貴裕投手など、名投手を擁して甲子園を大いに沸かせた。特に正田樹投手の所属していた1999年の夏の甲子園では、同校を群馬県勢初の優勝に導いた。

おすすめの記事