「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばっぺ!茨城】茨城県の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
一塁,けん制球アウト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

茨城県内の高校野球は激戦区である。茨木と言えば木内監督率いる常総学院が思い浮かぶが、霞ヶ浦高校や石岡第一高校などの強豪校も夏の選手権には代表として出場している。どの学校が勝ってもおかしくない状況なのだ。そんな群雄割拠の茨木県で野球強豪校を5校紹介する。

茨城県といえば 常総学院

常総学院は、茨城県の野球部で最も有名といっても過言ではない。
常総学院野球部のモットーは「心ひとつに」。甲子園春・夏合わせて2回の優勝、2回の準優勝を誇る名門校だ。守備の名手、仁志敏久選手の出身校でもある。

そして忘れてはならないのが名監督として有名な木内幸男元監督だ。「木内マジック」と言われた名采配。2016年も投手陣を中心に圧倒的な強さを誇っている。ケガで離脱しているプロ注目左腕、鈴木昭汰投手の復調がカギになるだろう。

2015年夏大会茨城県代表 霞ヶ浦高校

続いて紹介するのが2015年夏大会の代表校、霞ヶ浦高校だ。
野球部のモットーは「人としての成長なくして技術の成長はなし」。常総学院にも負けない強豪校だが、2015年夏大会に出場するまで大変な道のりがあった。

7年間で5回県予選決勝まで進出するも全て接戦で敗退。呪縛とまで揶揄された悲劇を乗り越えて2015年、甲子園の切符を掴んだのだ。秋大会でも常総学院に競り勝ち優勝を果たした。
2016年も総合力の高さから優勝候補の一つであると言えるだろう。

おすすめの記事