「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いぐべ山形!】山形県の野球強豪校5選

2016 8/20 14:15
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

プロ野球入りの選手も何人か輩出しているほどの実力を持ちながら、甲子園での優勝経験がないという山形県の強豪校。改めて、過去甲子園での活躍ぶりや実績を振り返ってみよう。

県内で甲子園最多出場、日本大学山形高等学校

日大山形は昭和33年に学校法人山形学園山形第一高等学校として開校され、昭和37年に日本大学と合併し、現在の名称となった。高校野球で山形県代表と言えば、高校野球好きの方の頭にまず浮かぶのが日大山形ではないだろうか。
2013年には快進撃を続け、見事ベスト4まで勝ち上がったのは記憶に新しく、甲子園大会出場回数は、春・3回、夏・16回と県内最多を誇っている。部員数は1年生から3年生まで約30人ずつの合わせて90人強が、「目指せ全国制覇」のスローガンのもと、日々厳しい練習を行っている。ただ野球がうまくなればいいというのではなく、団体生活の中で礼節をまなび、また友情を育てるという心の部分の教育にも重きを置いている学校だ。

プロ入り選手最多タイ!酒田南高等学校

酒田南高等学校は昭和36年に「天下和順」の精神の元、理想的な人間教育の場をめざして建学された。「自立共生」を教育目標とし、多様化した現在の社会で、生徒一人ひとりの夢や目標を達成させることを目的としている。甲子園大会には、春1回、夏10回の合計11回出場しており、最高戦績はベスト16だが、プロ入り人数は日大山形を押さえて5人と、県内最多の人数を誇っている。酒田南高校からプロ入りした選手でもっとも有名なのは、福岡ソフトバンクホークスの長谷川勇也外野手だろう。
近年、野球留学が珍しくないの高校野球界では、貴重な山形県鶴岡市の地元出身者だ。派手な選手の多いホークスの中で、職人のようなプレイスタイルはまさに玄人好みだ。

おすすめの記事