「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい投手たち

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

度胸満点の1年生左腕!宮城大弥選手

氏名:宮城大弥(みやぎ・ひろや)
所属:興南高校(沖縄県)
学年:1年
経歴:宜野湾ポニーズ
投打:左投左打
ポジション:投手

2010年に島袋洋奨選手(現・ソフトバンク)を擁し春夏連覇を達成した興南高校。2年ぶりに今夏の甲子園にも出場を果たしている。
その興南高校の沖縄県大会決勝で先発を任されたのが、1年生の宮城大弥選手だ。その試合が初先発となった宮城選手は1失点完投勝ちを収め甲子園出場に大きく貢献した。沖縄県予選では中継ぎも含め6試合に登板し、チーム最多となる22.1回を投げ失点はわずかに1。奪った三振は34個と圧倒的な成績を残している。

夏の甲子園本戦でも上級生を差し置き先発を任されたが、5回途中4失点(自責3)と結果を残せず初演敗退となった。173センチと小柄な身体から投げ込むストレートは最速142キロ。まだ、1年生ということもあり球速は上がってくるだろう。

また、中学時代にはU-15日本代表にも選ばれており及川選手らとともに、第3回WSBC U-15ベースボールワールドカップに出場している。大舞台の経験もあり、初先発となった沖縄県予選決勝で好投するなどメンタルは強い。島袋先輩が成し遂げた春夏連覇を達成し、プロ入りを果たしたい。

大阪桐蔭高校の次期エース候補!柿木蓮選手

氏名:柿木蓮(かきぎ・れん)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年:2年
経歴:佐賀東松ボーイズ
投打:右投右打
ポジション:投手

3年生の徳山壮磨選手がエースを張っていた今年の大阪桐蔭高校で2番手を務めていたのが、2年生の柿木蓮選手だった。春のセンバツではベンチ入りを果たし、1試合に登板し1回を無失点に抑えている。夏の予選では2試合に先発し13回を投げ16奪三振をマークしたものの、7失点と大きく崩れた。

しかし、甲子園本戦では背番号「11」を背負い2試合に登板。10.2回を投げ2失点(自責0)と結果を残した。敗れた仙台育英高校戦も8回まで無失点の好投をみせたのだが、9回に味方の失策から2点を失ってしまう内容だった。敗れたあとも甲子園の砂を持ち帰らずに再び戻ってくることを誓ったハートの持ち主でもある。

181センチ、83キロの堂々とした体格の柿木選手は、最速147キロのストレートとスライダーを投じる本格派だ。スタミナもあり来年はエースとして先発完投を目指すことになる。根尾昂選手と2枚看板でふたたび甲子園制覇を狙う。

おすすめの記事