「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい投手たち

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

「二刀流」で投打に貢献!根尾昂選手

氏名:根尾昂(ねお・あきら)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年:2年
経歴:飛騨高山ボーイズ
投打:右投左打
ポジション:投手・内野手・外野手

今春のセンバツを制した大阪桐蔭高校。プロ野球の世界でも中村剛也選手(西武)、中田翔選手(日本ハム)、藤浪晋太郎選手(阪神)ら多くのスター選手を送り込んでいる。その大阪桐蔭高校から、また新たなスター候補が誕生した。投手、野手をハイレベルでこなす「二刀流」の根尾昂選手だ。

根尾選手は中学時代にスキーの全国大会でも優勝するなど、スキーと野球の「二刀流」だった。しかし、大阪桐蔭高校へ入学後は野球一本に専念すると才能を発揮した。
1年夏からベンチ入りを果たすと、2年生に進学した今年は春夏の甲子園に出場する。投手としては3回を投げ防御率0.00。打者としては打率.258(31打数8安打)の成績を残している。

投手としては最速148キロを誇り、野手としては豪快なスイングから本塁打を放つ。また、50メートルを6秒1で走る脚力もある。身長177センチと大きくはないが、パワー、スピードを兼ね備えた逸材なのは間違いない。今後の起用法は西谷浩一監督しだいではあるが、投手、野手ともに起用されていくことになりそうだ。

横浜高校のスーパー1年生!及川雅貴選手

氏名:及川雅貴(およかわ・まさき)
所属:横浜高校(神奈川県)
学年:1年
経歴:匝瑳(そうさ)シニア
投打:左投左打
ポジション:投手

匝瑳シニア時代にはU-15侍ジャパンにも選出されていた及川雅貴選手。2016年に行われた第3回WSBC U-15ベースボールワールドカップでは、日本代表のエースとして活躍し準優勝に貢献している。また、全国リトルシニア選手権においては、匝瑳リトルシニアを3位に導いた。

今春に横浜高校へ進学し、1年生ながら夏の甲子園でもベンチ入りするなどスーパー1年生として注目を浴びていた。初戦の履正社高校戦では中継ぎとして登板すると3回を無失点に抑えている。
182センチ・71キロと長身細身のすらっとした体型の及川選手。最速は143キロと目を見張るほどの速さはない。しかし、スライダーとのコンビネーションが絶品で三振を量産している。テレビの企画では平田良介選手(中日)から三振を奪うなどプロにも通用する球を持っていることは間違いない。

横浜高校は秋季大会ベスト8で敗退してしまったために、来春のセンバツ出場は絶望的だが、夏の選手権に再び戻ってくることを期待したい。

おすすめの記事