2018年高校野球界で注目したい投手たち|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい投手たち


「二刀流」で投打に貢献!根尾昂選手

氏名:根尾昂(ねお・あきら)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年:2年
経歴:飛騨高山ボーイズ
投打:右投左打
ポジション:投手・内野手・外野手

今春のセンバツを制した大阪桐蔭高校。プロ野球の世界でも中村剛也選手(西武)、中田翔選手(日本ハム)、藤浪晋太郎選手(阪神)ら多くのスター選手を送り込んでいる。その大阪桐蔭高校から、また新たなスター候補が誕生した。投手、野手をハイレベルでこなす「二刀流」の根尾昂選手だ。

根尾選手は中学時代にスキーの全国大会でも優勝するなど、スキーと野球の「二刀流」だった。しかし、大阪桐蔭高校へ入学後は野球一本に専念すると才能を発揮した。
1年夏からベンチ入りを果たすと、2年生に進学した今年は春夏の甲子園に出場する。投手としては3回を投げ防御率0.00。打者としては打率.258(31打数8安打)の成績を残している。

投手としては最速148キロを誇り、野手としては豪快なスイングから本塁打を放つ。また、50メートルを6秒1で走る脚力もある。身長177センチと大きくはないが、パワー、スピードを兼ね備えた逸材なのは間違いない。今後の起用法は西谷浩一監督しだいではあるが、投手、野手ともに起用されていくことになりそうだ。

横浜高校のスーパー1年生!及川雅貴選手

氏名:及川雅貴(およかわ・まさき)
所属:横浜高校(神奈川県)
学年:1年
経歴:匝瑳(そうさ)シニア
投打:左投左打
ポジション:投手

匝瑳シニア時代にはU-15侍ジャパンにも選出されていた及川雅貴選手。2016年に行われた第3回WSBC U-15ベースボールワールドカップでは、日本代表のエースとして活躍し準優勝に貢献している。また、全国リトルシニア選手権においては、匝瑳リトルシニアを3位に導いた。

今春に横浜高校へ進学し、1年生ながら夏の甲子園でもベンチ入りするなどスーパー1年生として注目を浴びていた。初戦の履正社高校戦では中継ぎとして登板すると3回を無失点に抑えている。
182センチ・71キロと長身細身のすらっとした体型の及川選手。最速は143キロと目を見張るほどの速さはない。しかし、スライダーとのコンビネーションが絶品で三振を量産している。テレビの企画では平田良介選手(中日)から三振を奪うなどプロにも通用する球を持っていることは間違いない。

横浜高校は秋季大会ベスト8で敗退してしまったために、来春のセンバツ出場は絶望的だが、夏の選手権に再び戻ってくることを期待したい。

度胸満点の1年生左腕!宮城大弥選手

氏名:宮城大弥(みやぎ・ひろや)
所属:興南高校(沖縄県)
学年:1年
経歴:宜野湾ポニーズ
投打:左投左打
ポジション:投手

2010年に島袋洋奨選手(現・ソフトバンク)を擁し春夏連覇を達成した興南高校。2年ぶりに今夏の甲子園にも出場を果たしている。
その興南高校の沖縄県大会決勝で先発を任されたのが、1年生の宮城大弥選手だ。その試合が初先発となった宮城選手は1失点完投勝ちを収め甲子園出場に大きく貢献した。沖縄県予選では中継ぎも含め6試合に登板し、チーム最多となる22.1回を投げ失点はわずかに1。奪った三振は34個と圧倒的な成績を残している。

夏の甲子園本戦でも上級生を差し置き先発を任されたが、5回途中4失点(自責3)と結果を残せず初演敗退となった。173センチと小柄な身体から投げ込むストレートは最速142キロ。まだ、1年生ということもあり球速は上がってくるだろう。

また、中学時代にはU-15日本代表にも選ばれており及川選手らとともに、第3回WSBC U-15ベースボールワールドカップに出場している。大舞台の経験もあり、初先発となった沖縄県予選決勝で好投するなどメンタルは強い。島袋先輩が成し遂げた春夏連覇を達成し、プロ入りを果たしたい。

大阪桐蔭高校の次期エース候補!柿木蓮選手

氏名:柿木蓮(かきぎ・れん)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年:2年
経歴:佐賀東松ボーイズ
投打:右投右打
ポジション:投手

3年生の徳山壮磨選手がエースを張っていた今年の大阪桐蔭高校で2番手を務めていたのが、2年生の柿木蓮選手だった。春のセンバツではベンチ入りを果たし、1試合に登板し1回を無失点に抑えている。夏の予選では2試合に先発し13回を投げ16奪三振をマークしたものの、7失点と大きく崩れた。

しかし、甲子園本戦では背番号「11」を背負い2試合に登板。10.2回を投げ2失点(自責0)と結果を残した。敗れた仙台育英高校戦も8回まで無失点の好投をみせたのだが、9回に味方の失策から2点を失ってしまう内容だった。敗れたあとも甲子園の砂を持ち帰らずに再び戻ってくることを誓ったハートの持ち主でもある。

181センチ、83キロの堂々とした体格の柿木選手は、最速147キロのストレートとスライダーを投じる本格派だ。スタミナもあり来年はエースとして先発完投を目指すことになる。根尾昂選手と2枚看板でふたたび甲子園制覇を狙う。

その他の注目選手はこちら

氏名:小野寺瑞生(おのでら・みずき)
所属:東海大甲府高校(山梨県)
学年;2年
経歴:川崎中央シニア
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:雪山幹太(ゆきやま・かんた)
所属:早稲田実業学校(東京都)
学年;2年
経歴:神戸中央シニア
投打:右投左打
ポジション:投手

氏名:横川凱(よこがわ・がい)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年;2年
経歴:湖北ボーイズ
投打:左投左打
ポジション:投手

2016年のドラフト会議で5球団競合となった田中正義選手(ソフトバンク)と同じ、川崎中央シニア出身の小野寺瑞生選手。2015年にはU-15の日本代表にも選出されるなど早くから注目を浴びていた。
184センチ・94キロと恵まれた体格から145キロのストレートを投げ込む本格派に成長した。東海大甲府高校へ進学後に甲子園出場はないが、2018年ドラフト候補に名前は挙がっている。

2017年春のセンバツでは早稲田実業学校の正捕手を務めていた雪山幹太選手。センバツ終了後に投手に転向すると今夏の予選では背番号「1」をつけマウンドに登っていた。西東京大会全6試合をほぼ一人で投げ抜いたものの、決勝で東海大菅生高校に敗れ甲子園出場はならなかった。
170センチと小柄なこともあり球速は140キロに届かない。しかし、コントロールの良さとスライダー、フォークボールのキレで勝負する。

大阪桐蔭高校で柿木蓮選手、根尾昂選手らとエースナンバーを争うのが横川凱選手だ。横川選手は春のセンバツで先発するも1死しか取れずに4失点と結果を残すことができなかった。春夏連覇を目指して臨んだ夏の甲子園では背番号「16」を背負いベンチ入りするも登板はなかった。
190センチと長身サウスポーの横川選手が投じるストレートは最速144キロ。大型左腕としてプロからの注目も集めており、最上級生となる来年に甲子園の舞台で結果を残したい。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

5/22 18:31更新

パ・リーグ

5/22 18:31更新

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

5/22 18:31更新

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!