「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第1回大会にも出場を果たした甲子園の常連!早稲田実業学校を振り返る

2017 9/13 14:03cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田実業学校と甲子園

2017年夏の甲子園には惜しくも届かなかった早稲田実業学校(以下早実)。入学時から注目されていた、怪物スラッガーの清宮幸太郎選手を主将とし西東京大会を勝ち進んだが、決勝で東海大菅生高校に敗れている。このように、注目を浴びることの多い早実は今までに多くの名勝負を生み出し、そしてプロ野球選手を輩出している。

その早実が初めて夏の甲子園の舞台に姿を現したのは、記念すべき1915年の第1回大会だ。(当時は甲子園球場がなかったために大阪府の豊中グラウンドで行われている。)この大会で早実は初戦に勝利し甲子園初勝利をマーク。しかし、その後の東京代表は6年連続で慶応普通部と慶応の独壇場が続いた。

早実が2回目の出場を飾ったのは1922年に行われた第8回大会。その年から7年連続で夏の大会に出場するなど、慶応に変わって黄金期を築いている。また、その連続出場中である1924年に行われた第1回春のセンバツにも出場を果たし準優勝。甲子園初期から強豪として名を馳せていたのだ。

1957年春のセンバツにおいて甲子園初優勝。この時の優勝投手はのちに「世界の王」と呼ばれることになる王貞治選手(元巨人)だった。また、夏の選手権では2006年に斎藤佑樹選手(現日本ハム)が初優勝を果たしている。以降も出場を果たしており、2017年夏の選手権大会までに合計50回(春21回、夏29回)の出場を誇っており、通算66勝(春23勝、夏43勝)をマーク。第1回大会から続く伝統を継続し、まさに「都の名門」として君臨しているといっていいだろう。

プロ入りした早稲田実業の卒業生たち

2017年現在で早実出身のプロ野球選手は重信慎之介選手(巨人)、斎藤選手の2人だけ。しかし、過去を遡ると偉大な選手が名を連ねている。最も有名な選手は王選手だろう。また、王選手の師匠にあたり一本足打法を考案した荒川博選手(元毎日)も同様に早実出身だ。

「安打製造機」の異名を取り高卒1年目から打率.298、16本塁打、67打点と結果を残し、新人王を獲得した榎本喜八選手も同校から毎日オリオンズへと進んでいる。

ドラフト制以後には横浜ベイスターズで監督も務めた大矢明彦選手、近鉄バファローズでベストナインに輝いた石渡茂選手らを輩出。1980年代になると「大チャンフィーバー」を巻き起こし松坂大輔選手(ソフトバンク)の名前の由来でもある、荒木大輔選手(元ヤクルト)がプロ入り。

このように多くの名プレーヤーを輩出している。

おすすめの記事