「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今年は「打」の甲子園!2017年注目された選手

2017 9/13 14:03Mimu
高校野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

今大会活躍度No.1 広陵高校:中村奨成

やはり、この大会で最も名前が知れ渡った選手は、広陵高校の中村奨成選手だろう。1985年にPL学園の清原和博さんが記録した1大会5本塁打の記録を32年ぶりに更新する活躍を見せた。
初戦の中京大中京高校では右に左に2ホーマー。1本目は0-2のビハインドから反撃ののろしを上げる1発をライトへ、8回には10得点目となる駄目押しのスリーランをレフトへ放り込んだ。
さらに2回戦の秀岳館戦では3-1と2点リードの9回にスリーラン。リードを5点に広げ、勝利をグッと引き寄せる1発を放つ。3回戦の聖光学院戦でも4-4の同点で迎えた9回裏に勝ち越しツーラン。3試合で4発ものホームランを記録する。

準々決勝の仙台育英戦ではホームランは出なかったものの、準決勝の天理戦では初回の先制ツーランに、6回の勝ち越しソロ。再び2ホーマーを記録し、これで6本塁打で記録を更新した。どれも重要な場面での1発であり、本当に勝負強い。
ちなみに甲子園通算記録でも、桑田真澄さん、元木大介さんに並ぶ歴代2位記録だ。それ以外でも、19安打は水口栄二さん(1986年 松山商業)に並ぶ大会最多タイ記録、17打点は萩原圭悟さん(2008年大阪桐蔭)の15打点を抜き大会新記録となった。

打撃だけでなく守備でも好プレー連発

もちろん打撃成績だけでなく、捕手としての能力にも優れている。やはり目を引くのはその強肩だろう。小さめのテイクバックから、まるで矢のようなボールが2塁へと送られるのだ。
遠投120mや2塁送球タイム1.8秒など、そういった強肩自慢の選手は今までも数多くいたが、中村選手の送球はそういった数字では語れないほどの凄さを感じる。盗塁刺ならともかく、ランナーの牽制だけで球場を沸かせる選手なんて今までにいただろうか。

それでいてフットワークも軽く、バント処理の動きの良さも高校生離れしている。これだけ動けて、なおかつあの強肩なのだから、もし他のポジションをやっていたとしても、守備で魅せられる選手になっていただろう。もちろんそういった話があるわけではないが、それだけのポテンシャルを秘めている選手だ。

6月の時点で、エースの平元銀次郎選手とともに「WBCS U-18ワールドカップ」の日本代表一次候補に選出されていたことからもわかる通り、以前から注目された存在ではあった。だがこの大会で一気に評価を上げ、今ではドラフト1位指名を検討する球団も複数出てきたほどだ。一躍、日本一有名な高校生キャッチャーとなった選手である。

おすすめの記事