「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年甲子園まとめその2 投手は複数の時代?下級生の活躍も注目

2017 9/13 14:03Mimu
高校野球,ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

投手は2枚以上が当たり前?今後は継投策が主流に

ホームランの多さほどではないが、投手起用の変化も印象的な大会であった。今年の大会は、継投で勝ち上がるチームが増えてきたのだ。以前は「もっとも良い投手=エース=背番号1」というイメージがあったが、今ではそうではない。同じくらいに力を持った2人以上の投手を育て、負担を分散しながら勝ち上がっていくというのが主流になってきた。

このスタイル自体は以前からあったものだ。熊本代表の秀岳館などはその典型だろう。田浦文丸選手、川端健斗選手という、プロ注目レベルのサウスポーを2人も擁している。昨年はこの2人に加えて有村大誠選手、中井雄亮選手など、さまざまな投手を使い分けて春夏連続のベスト4。2人体制となった今年の春も、ベスト4にまで勝ち上がってきた(今大会は広陵高校に敗れて2回戦敗退)。

2人の好投手を擁して優勝をはたした花咲徳栄

今大会で優勝した花咲徳栄高校も、背番号1を着けた清水達也選手、背番号10を着けた綱脇慧選手の2人の継投で勝ち上がってきた。清水選手は最速150km/hのストレートが武器の本格派右腕、綱脇選手はキレのあるスライダーが武器の右腕だ。このタイプの違う2人の投手が継投し、見事に甲子園の頂点に立ったのだ。

だが、継投策で勝ち上がってきたのは広陵高校も同じだ。エースの平元銀次郎選手は、中村選手と同じくU-18ワールドカップの一時候補選手にも名を連ねたサウスポー。彼がチームの中心投手なのは間違いないが、安定したコントロールを持つ山本雅也選手、2年生右腕の森悠祐選手も最速147㎞/hと力がある。
この大会では平元選手が本調子ではなかったそうなのだが、それでも決勝戦まで勝ち上がってくることができたのは、この2投手のおかげだろう。

おすすめの記事