「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年甲子園まとめその1 歴代最多本塁打数!今後は打力が重要に

2017 9/13 14:03Mimu
高校野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームランの打ち合いとなった名試合

この打撃優位の象徴となったのは、盛岡大附属ー済美高校の試合だろうか。この試合は2回裏にに済美のエース・影山尭紀選手の2点タイムリーで先制。しかし盛岡大附属も直後の3回表にショートのエラーで1点を返し、1-2と済美の1点リードで中盤へ向かう。そして5回であった。

盛岡大附属は1番・林一樹選手、2番・大里昂生選手、3番・植田拓選手の連打で1点を返し同点とすると、1アウト後に5番・松田夏生選手が四球で歩き、満塁のチャンスを作る。ここで打席には6番・小林由伸選手。2ボール1ストライクからの4球目、インコースを狙ったストレートが真ん中に甘く入る。振り抜いた打球はレフト飛び込む、勝ち越しのグランドスラム。この回一気に6-2と4点の勝ち越しに成功した。

史上初!1試合に2本の満塁ホームラン

だが強打を誇る済美高校も黙ってはいない。2番・宇都宮佑弥選手のツーベースですかさず反撃に出ると、四球とエラーでこちらも満塁のチャンスを作る。ここで5番・吉岡秀太朗選手、こちらも2ボール1ストライクからの4球目、外のスライダーであった。打球はセンターバックスクリーンへと飛び込む満塁ホームラン。
目には目を、グランドスラムにはグランドスラムを。豪快な1発で、済美高校が同点に追いつく。夏の甲子園で1試合に満塁ホームランが2本出るのは史上初のことだ。

その後7回裏に済美の2番・宇都宮選手の1発で勝ち越すと、9回表には盛岡大附属の3番・植田選手が1発を放ち同点。激しい打ち合いとなり、試合は延長戦へと突入する。だが決着がつくまでに、それほど時間はかからなかった。
10回の表、盛岡大附属の攻撃。途中出場の9番・三浦奨選手がヒットで出塁すると、暴投で2塁に進んだ後、1番・林選手のタイムリーで勝ち越し。さらにその後エラーと盗塁で2・3塁のチャンスを作ると、9回に同点ホームランを放った植田選手が2打席連発となるスリーラン。これで12-7となり勝負あり。この試合で済美高校は2本、盛岡大附属は3本、両者合わせて5本のホームランが出る豪快な試合となった。

おすすめの記事