「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年甲子園まとめその1 歴代最多本塁打数!今後は打力が重要に

2017 9/13 14:03Mimu
高校野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

花咲徳栄vs広陵となった決勝戦!主導権は終始花咲徳栄に

まずは決勝戦を振り返ってみよう。決勝は埼玉代表の花咲徳栄と広島代表の広陵高校が激突、いずれも勝てば初優勝という顔合わせとなった。試合は初回から太刀岡蓮選手、千丸剛選手、西川愛也選手の3連打で2点を先制すると、3回にも5番・須永光選手のタイムリーで2点を追加。広陵先発の平元銀二郎選手から4点を奪う。投げては先発の綱脇慧選手が4回まで2失点と粘投し、花咲徳栄ペースで試合は中盤へ。

試合が大きく動いたのは5回だ。またも太刀岡選手が四球で出塁すると、千丸選手ライト前、そして西川選手がタイムリースリーベース。初回と同じ3人で中押しの追加点を奪う。さらに4番・野村佑希選手、6番・高井悠太郎選手、9番・岩瀬誠良選手もタイムリーで続き、この回一挙6得点。調子が上がらない平元選手を一気に叩き、10-2と大量リードを奪った。

その裏の広陵の攻撃、先頭の1番・高田誠也選手がヒットで出塁したところで、花咲徳栄の投手が背番号1を着けた清水達也選手にスイッチ。流れを広陵に渡さない。
清水選手は2番・吉岡広貴選手にタイムリーを打たれるものの、後続を切って取り、1失点でしのぐ。その次のイニングにも1点を失ってしまったが、好調の打線がさらに4点を追加し、14-4とリードが10点に広がっていく。広陵を粘りを見せ、9回には満塁のチャンスを作るものの、後1本が出ずにゲームセット。花咲徳栄が初優勝の栄冠を手にした。

広陵は初優勝ならず……だが中村奨成は32年ぶりの記録更新

一方で広島県代表の広陵高校は2007年以来の決勝進出、佐賀北高校に劇的な満塁ホームランを浴びて敗戦して以来の決勝戦であったが、残念ながら10年前のリベンジとはならなかった。それでも、3番を打つ中村奨成選手が大会新記録となる6本塁打を放ち、1985年に清原和博さんが打ち立てた記録を32年ぶりに更新。この試合でも、中村選手が打席に入る度に球場全体がざわつき始めたほどであった。

そして、中村選手のみならず、この大会では本当にたくさんのホームランが飛び出した。ほぼ毎日、どこかの試合でホームランが飛び出していたのではないだろうか。それまでの大会でもっともホームランが多かったのは2006年で60本であるが、今年は68本ものホームランが飛び出した。こちらも11年ぶりの更新となる。

初日から3試合で5本のホームランが飛び出したほか、1試合で2本のホームランを放つ選手も少なくはなかった。1回戦では広陵の中村選手に、2回戦では神戸国際大附属の谷口嘉紀選手、天理高校の神野太樹選手、青森山田の中沢樹希也選手、済美の亀岡京平選手、4回戦では盛岡大附属の植田拓選手、準々決勝では天理の山口乃義選手、そして準決勝では再び広陵の中村選手が2ホーマーを記録。7人の選手たちが、1試合2本塁打を放った。

おすすめの記事