「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

打って繋いで大量得点!甲子園の大会記録を持つチームたち

2017 9/13 14:03Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

春の選抜で本塁打大会記録を持つ1984年のPL学園

2017年の夏の甲子園では、広陵高校が8本塁打を記録した。特に3番を打つ中村奨成選手は、32年ぶりに大会個人記録を更新する6本塁打を記録し、大きな話題となった。だが過去にはこれ以上に破壊力のある打線を擁したチームもある。チーム最多本塁打記録じゃ、春の選抜では1984年PL学園の8本、夏の甲子園では2000年智弁和歌山の11本である。

84年のPL学園といえば、2年生だったKKコンビが在籍していた年だ、この大会で5試合で8本のものホームランを放ち、準優勝という成績を収めている。選抜は夏に比べて試合数が少ないのだが、その中でこれだけの本数を残したというのは驚異的だ。
ホームランの内訳は清原和博さんが3本、桑田真澄さんが2本、1番の黒木泰典さん、3番の鈴木英之さん、9番の旗出浩二さんが1本ずつ。実は5ホームランが出たのは5試合中2試合だけなのだが、1回戦の砂川北(北海道)戦だけで6本が記録されている。

初回から3番・鈴木さん、4番・清原さんの2者連続ホームランが飛び出すと、3回には1番・黒木さんがバックスクリーン右に、5番・桑田さんがレフトにスリーランを放り込む。4回には9番・旗出さんにもホームランが飛び出し、この試合5本目。5回には再び桑田さんがレフトへ放ち、チーム6本目の新記録を打ち立てた。
桑田さんはこの日は投手としての出場ではなかったが、その分バッティングでは大仕事を果たしたようだ。試合は18-7とPLが大勝している。続く京都西では清原さんが2本塁打を放ち、これでチーム8本目となった。

夏の甲子園で本塁打記録をうちたてた2000年の智弁和歌山

夏の甲子園では、2000年の智弁和歌山が11本を放っている。この年は打線が非常に強力であり、未だに高校野球史上最強打線ではないかといわれているほどだ。決勝までに2桁得点も3度記録している。決勝までのスコアと本塁打数を紹介すると、以下の通り。

1回戦 新発田農業(新潟) 14-4 2本塁打
2回戦 中京大中京(愛知) 7-6
3回戦 PL学園(大阪) 11-7 4本塁打
準々決勝 柳川(福岡) 7-6 2本塁打
準決勝 光星学院(青森) 7-5
決勝 東海大浦安(千葉) 11-6 3本塁打

現在もヤクルトスワローズで活躍する武内晋一選手が2年生ながら2本、2番の堤野健太郎さんが2本、4番の池邉啓二さんが1本、5番の後藤仁さんが3本、6番の山野純平さんが3本。中軸の選手たちが大いに打ちまくった。ちなみにチーム安打数100本も大会記録、チーム打率.413はその4年後に駒大苫小牧が更新したが、こちらも当時の大会記録を樹立している。

PL学園戦では、後にプロ入りする朝井秀樹(近鉄→楽天→巨人)を相手に4本塁打を浴びせたり、準々決勝の柳川戦では、4点ビハインドから武内選手のソロ、山野さんのスリーランで同点に追いついたりなど、良い場面でのホームランが多かったのも特徴だ。
決勝の東海大浦安戦でも、ビハインドから堤野さんが同点ホームランを放つこと2回。そして終盤の8回に集中打を浴びせて勝利している。打力だけでなく、勝負強さも兼ね備えた、本当に恐ろしい打線であった。

おすすめの記事