「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園の名投手たちが残してきた記録!奪三振記録を持つ投手たち

2018 1/8 14:03Mimu
高校野球,ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

圧倒的な通算奪三振数を持つ桑田真澄

戦後の通算奪三振数記録であれば、やはりPL学園時代の桑田真澄さんが最も多い。その数はなんと150個にもおよんでおり、エースとして1年生の夏から5季連続甲子園に出場している。そのうえ3年生の春を除き、すべて決勝戦まで進んでおり、25試合197回 2/3イニングで150個の三振を奪った。通算20勝は戦後最多記録である。

ところで、なぜ戦前と戦後の記録を分けているのだろうか。戦前は高等学校ではなく中等学校で、今でいう旧制中学が大会に出場していた(高等学校自体はまた別に存在した)。
そして、この旧制中学とは5年制となっていたため、5年間通った生徒は最大で9度も全国大会のチャンスがあったということになる。9度の出場を経験した選手はいないが、和歌山中学校(現:和歌山県立桐蔭高校)の小川正太郎さんは、8度出場している。

戦前には6度の甲子園で三振の山を築いた投手が

戦前の正式に記録が残っている奪三振記録は、唯一夏の甲子園で3連覇を達成した中京商業の吉田正男さんの203個だ。6大会に出場し、250イニングでこの数字を達成している。ちなみに勝利数でも桑田さんを上回る23勝をあげている。
しかし、時代ゆえ正確な記録が残っていないケースもある。例えば、明石中(現:兵庫県立明石高校)の楠本保さんの場合は、6大会158イニングでなんと223個の三振を奪ったそうだが、特に1930年の試合の記録は正確に残っていないため、これはあくまで参考記録としての紹介となってしまう。

ちなみに、この2人はどちらも1930年に活躍した選手であり、1933年の選抜大会では直接対決している。その際は吉田さんが7個、楠本さんが12個の奪三振を記録し、試合は明石中が1-0で勝利している。しかし、決勝点は押し出しのデッドボールというほどの、壮絶な投手戦であった。
また同年夏の大会でも両校は対戦しているが、楠本選手が体調不良のために出場していない。だがこの試合も延長25回の熱戦となり、吉田さんは336球19奪三振と力投。1-0で中京商業が勝利している。

おすすめの記事