「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

激戦区神奈川から甲子園へ!横浜高校を振り返る

2017 8/25 10:07cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛甲猛選手を擁し夏の選手権で初優勝

1973年春のセンバツで初優勝を飾った横浜高校だが、神奈川の予選は激戦区となっており同年の予選は突破できなかった。1963年の初出場から実に15年後の1978年が2度目の出場のこの大会では、愛甲猛選手(元中日他)が1年生エースとして背番号「1」で出場したものの、2回戦敗退と全国の壁に突き放された格好だ。

初めて夏の選手権を制したのは、愛甲選手が3年生となった1980年のことだ。この大会は早稲田実業学校のエース・荒木大輔選手(元ヤクルト)が「大ちゃん」フィーバーを巻き起こしていた年でもあった。

その早稲田実業学校と決勝で戦った横浜高校。愛甲選手は荒木選手との投げ合いを制し、6-4で勝利し3度目の出場で夏の選手権初優勝を果たしている。神奈川県勢において春夏の甲子園を制したのは法政二高以来で2校目の快挙となった。

1973年春のセンバツでは「怪物」こと江川選手、1980年夏の選手権では「甲子園のアイドル」こと荒木選手。こういった甲子園大注目の選手がいる大会で、横浜高校は優勝を飾ってきたのである。

18年後、横浜高校はその2人と並ぶスーパースターを輩出し甲子園を席巻した。

「平成の怪物」こと松坂大輔選手だ。

松坂大輔選手を擁して春夏連覇

1980年生まれの松坂選手は甲子園で5季連続出場を果たすなど、甲子園のアイドルとして全国的な人気を誇っていた荒木大輔選手にあやかって「大輔」と名付けられた。

横浜高校は松坂選手の暴投でサヨナラ負けを喫し、甲子園出場を逃した2年夏の神奈川県大会後から快進撃を見せる。秋の神奈川県大会、関東大会、明治神宮大会を制し春のセンバツへ出場を決める。この大会で松坂選手は5試合全てで完投勝利(3完封)を収める活躍。45回でわずか4失点、防御率0.80と圧倒的な成績を残し、新チーム結成後から無敗で春王者となった。このあたりから松坂選手を「平成の怪物」とファンは呼ぶようになっている。

この優勝から全国の高校球児達の合い言葉は「打倒横浜高校」、「打倒松坂大輔」となった。横浜高校は春のセンバツ後に行われた神奈川県大会、関東大会も制し、夏の予選へと突入する。1998年夏の選手権は第80回大会ということもあり、出場枠が増加。そのために、神奈川県も通常の1枠から2枠となり横浜高校は東神奈川地区の予選へ臨んでいる。
予選6試合で5試合が2ケタ得点を挙げるなど圧倒的な強さを誇り、春夏連続出場を果たした横浜高校。甲子園では神がかり的な試合を見せてくれた。

準々決勝ではPL学園高校と延長17回の死闘に勝利、準決勝では明徳義塾高校相手に8回6点ビハインドをひっくり返し逆転勝利。決勝では京都成章高校をノーヒットノーランで下す。松坂選手と横浜高校は史上5校目となる春夏連覇を達成した。

これ以降、横浜高校にはより多くの有望株が集まるようになり、強豪校への地盤を固めることとなっている。

おすすめの記事