「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

激戦区神奈川から甲子園へ!横浜高校を振り返る

2017 8/25 10:07cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

筒香選手を始め一流選手がズラリ!

高校野球において全国でもトップクラスの激戦区でもある神奈川県。そのなかで毎年、トップ集団に位置しているのが横浜高校だ。春のセンバツ出場15回(優勝3回、準優勝1回/23勝12敗)、夏の選手権出場16回(優勝2回/33勝14敗)と甲子園通算56勝26敗の成績を残している。(2017年春のセンバツ終了時点)
優勝5回は6位タイ、甲子園通算56勝は智弁和歌山高校と並び14位タイ。神奈川県内だけでなく、全国有数の強豪校ということがうかがい知れる。近年は神奈川県内で東海大相模高校と二強体制を作り出していて、毎年夏の予選では雌雄を決しており高校野球ファン注目の的だ。

全国的な強豪校ということで、同校からは多くのプロ野球選手も輩出されている。現役では筒香嘉智選手(DeNA)を筆頭に松坂大輔選手(ソフトバンク)、近藤健介選手(日本ハム)、荒波翔選手(DeNA)、柳裕也選手(中日)、涌井秀章選手(ロッテ)、成瀬善久選手(ヤクルト)らが各球団で活躍。大阪桐蔭高校と並び球界の中心を担っていると言っても過言ではない。

松坂選手、筒香選手のように高校から直接、プロ入りを果たす選手もいるが、柳選手のように大学を経由してからの入団パターンもある。なにがなんでも、高卒からプロ入りというスタンスではないのも特徴の一つだ。

初出場、初優勝を飾った1973年春のセンバツ

横浜高校が初めて甲子園に出場を果たしたのは、1963年夏の選手権大会だった。初出場となった横浜高校は初戦から接戦に勝利し、準決勝へ進出。明星高校に敗れたものの、堂々のベスト4となった。

一方で、春のセンバツへ初出場を果たしたのは、夏の初出場から10年が経過した1973年のことだった。この大会は「怪物」こと作新学院高校のエース江川卓選手(元巨人)が甲子園に初登場。2017年現在でも破られていない1大会60奪三振を記録した大会でもある。江川選手率いる作新学院高校は、準決勝で達川光男選手(元広島)を擁する広島商業高校に敗退。

その広島商業と決勝で対戦したのが横浜高校だった。両校の一戦は0-0のまま延長戦に突入。11回表に決勝点を奪った横浜高校が3-1で勝利し、初出場初優勝を飾っている。

おすすめの記事