「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

観客を沸かせる見事な1本!甲子園のホームラン記録・安打記録

2017 8/25 10:07Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後破る選手が現れるのか!?甲子園通算13本塁打

まずは本塁打の記録から見ていこう。
甲子園の本塁打といえば、やはりPL学園の清原和博さんだ。甲子園通算本塁打数は13本。選抜大会で4本、夏の甲子園で9本放っており、2位の桑田真澄さん(PL学園)、元木大介さん(上宮)の6本に倍以上の差をつけて、最多記録を誇っている。
1年生の夏から5季連続出場し、そのうち4大会で決勝まで進出(優勝2度)。当時はラッキーゾーンもあったとはいえ、出場26試合で打ち立てたこの数字は、なかなか塗り替えられるものではないだろう。

甲子園のホームラン記録は清原和博が総なめ

1大会の記録に限ると、夏の甲子園ではやはり清原和博さんの5本が大会記録だ。3年生だった1985年の夏の大会で、この数字を記録している。
ちなみにこの大会では、決勝で対戦した宇部商業の藤井進さんも4本のホームランを放っていたのだが、その藤井さんの目の前で大会5本目をセンター左に叩き込んでいる(藤井さんのポジションはセンター)。この時の植草貞夫アナの「甲子園は清原のためにあるのか」という実況はあまりにも有名だろう。

一方で、春の選抜の3本は複数人が達成している。清原さん以外にも、松井秀喜さんのようにプロでもスラッガーとして活躍した人から、高木浩之(愛知:享栄高校 元西武ライオンズ)さんのように小技が光る選手として活躍した選手のように、意外な人も達成している。こういった点も、プロ野球と高校野球はまったく違う世界であり、違った面白さがあるのだと実感させてくれる。

おすすめの記事