「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いっちょやっちくりぃ!】大分県の野球強豪校3選

2016 8/20 05:15
汚れた野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

大分県の高校野球といえば「明豊高校」が有名だが、台頭してきたのは21世紀に入ってからである。昭和の時代には甲子園優勝を果たした高校、創立100年を超える伝統校など「明豊高校」以外にも大分には野球強豪校があるのだ。全国優勝に一番近い高校を3校紹介する。

創立100年目の伝統校 「大分県立大分商業高校」

大分商業高校は、春5回、夏15回と、大分県で一番の甲子園出場回数を誇る高校だ。創立が1917年であり、今年で100年目を迎える。まさに伝統と実績を兼ね備えた高校なのだ。
最近は私立高校に押され気味だが、2013年の夏の甲子園に出場を果たした。現ソフトバンクの左腕投手・笠谷俊介(当時2年)を擁し、1997年以来16年ぶりの出場だった。昨年の夏も予選決勝まで進んだが明豊高校に0-1で敗北。この時もプロ注目の右腕・森下暢仁(まさと)がエースを務めていた。
打線が完封されてしまい甲子園出場とはならなかったのだが、森下は高校日本代表にも選出されるなど、投手としての素質は同学年の小笠原慎之助(中日・ドラフト1位)や高橋順平(ソフトバンク・ドラフト1位)に勝るとも劣らないものを持っている。プロ志望届を出さず明治大学へと進学したが、4年後が楽しみな選手である。
近年好投手を続けて輩出している大分商業。持ち前のチームワークの良さで勝ち上がっていきたいところだ。100年目の夏はいったいどんな野球を私たちに見せてくれるのだろうか。

おすすめの記事