「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

お見事!甲子園で起こった逆転劇を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

逆転の御三家

甲子園ではたびたび大逆転劇が起こる。かつては逆転勝ちの多い三校が「逆転の御三家」と呼ばれていた。宇部商業高校、報徳学園高校、PL学園高校の三校だ。
これらの高校はそれぞれ、「ミラクル宇部商」「逆転の報徳」「逆転のPL」とも異名が付いており、試合終盤に何かを起こしてくれるような雰囲気を醸し出していた。特に宇部商業高校は玉国光男監督が1975年から監督となり、2005年まで30年間に渡りチームを率い、逆転勝ちを数多く収めてきた。甲子園通算24勝をマークしているが、その初勝利も逆転勝利だった。
1983年夏の選手権2回戦で帝京高校と対戦した宇部商業高校。4-5と1点ビハインドの9回裏無死一塁の場面でこの日、本塁打を放っている浜口大作選手が逆転サヨナラ2点本塁打。本塁打を放っている選手ではあったが、送りバントが定石のこの場面で併殺打を恐れずに強攻策。その結果が逆転勝利に繋がった。
この試合、秋村謙宏選手が完投勝利を収めているが秋村選手は法政大学、日本石油から広島東洋カープへと入団。現役を引退後にプロ野球の審判員となり、2017年現在も現役の審判員として活躍している。

2016年夏:八戸学院光星vs.東邦:7回7点差からの逆転勝利

2016年夏の選手権大会2回戦「八戸学院光星高校 対 東邦高校」の一戦で大逆転劇が起こった。
この試合は八戸学院光星高校が7回表の時点で9-2と7点のリードし、ここから東邦高校は反撃を開始する。 7回裏に2点、8回裏に1点を奪い5-9と4点差まで追い上げて、9回裏最後の攻撃を迎える。9回裏、東邦高校は1点を返し6-9としたものの、2死一塁と万事休す。しかし、追い詰められた東邦高校はここから4連打でサヨナラ勝ちを収めたのだ。この攻撃中、球場全体が東邦高校を応援する異様な雰囲気となり、敗れた八戸学院光星高校の桜井一樹選手は「球場全体が敵に見えた」とも語っている。
最後の最後まで、あきらめなかった東邦高校ナインの執念が勝った試合となった。

おすすめの記事