「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園、伝説の監督たち~甲子園の舞台で輝いた名監督を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのプロを輩出した大阪桐蔭高の西谷浩一監督

毎年、大きな感動を与えてくれる春夏の甲子園。主役はもちろん選手であるが、その選手達を適切に配置し勝利に導くのは監督の役目だ。甲子園で名を残した名物監督には誰がいたのだろうか。今回は甲子園史において欠かすことのできない名物監督を紹介したい。
2017年、春のセンバツ甲子園で優勝を飾った大阪桐蔭高(大阪府)の監督は西谷浩一氏だ。西谷監督は現役時代は報徳学園高校でプレーし、関西大学でも主将を務めていた。母校である報徳学園高校のコーチを務めた後、1998年に大阪桐蔭高の監督へ就任。一時コーチとなっていたが甲子園へ春夏通算で13回出場。優勝5回を誇り甲子園史上に残る名監督として君臨している。
甲子園で勝利を収めることだけではなく、多くのプロ野球選手も輩出。中村剛也選手(西武)、平田良介選手(中日)、浅村栄斗選手(西武)、中田翔選手(日本ハム)、藤浪晋太郎選手(阪神)、森友哉選手(西武)といった球界を代表する選手を多く育て上げ信頼は熱い。
2016年春のセンバツ終了時点で春夏合わせて5度の優勝は歴代2位。また、夏の選手権大会を2008年、2012年、2014年と3回制覇しているのは史上最多タイ記録となる。2017年も春のセンバツを制しており、これからも大阪桐蔭高・西谷監督の勢いは続きそうだ。

「攻めダルマ」こと蔦文也監督

すでに鬼籍に入っているが、高校野球の歴史を語る上で徳島県・池田高の蔦文也監督を外すことはできない。蔦監督は徳島商業高、同志社大学、日本製鉄広畑、全徳島でプレーし1950年に東急フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)へ入団。1年のみではあるが投手として5試合に登板。0勝1敗、防御率11.70という記録をプロ野球の世界で残している。
東急を退団後に池田高の教師に赴任し、1952年から野球部の顧問となった。蔦監督が甲子園に初出場したのは、監督就任から19年経った1971年夏の選手権だ。この大会では2回戦敗退と結果を残すことができなかった。
池田高、そして蔦監督が全国的な知名度を得たのが1974年春のセンバツである。この年、池田高の部員はわずか11名。「さわやかイレブン」と命名され注目を浴びていた。負傷者が重なると試合放棄の可能性もある状況で、蔦監督はチームを準優勝に導いている。
その後、1979年夏の選手権で準優勝と結果を残したもののあと一歩優勝には手が届かなかった。その蔦監督が初めて優勝旗を手にしたのは1982年夏の選手権だ。当時、主流ではない筋力トレーニングで打線を強化。「やまびこ打線」と呼ばれるほどの強力打線を作り上げ、甲子園初優勝を飾った。翌1983年春のセンバツでも優勝に導き、夏春連覇を達成した。
蔦監督は強力打線を作り上げ、それまで高校野球界において、常識となっていた守り勝つ野球ではなく攻め勝つ野球を目指した。その姿は「攻めダルマ」と呼ばれるほどであった。2001年に亡くなった蔦監督ではあるが、2016年には「蔦監督」という映画が製作、上映されるなど、伝説の蔦監督の求心力高く、人々の記憶に残っている。

おすすめの記事