「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「二十四の瞳」に「KKコンビ」キャッチフレーズから甲子園を振り返る

2017 8/3 12:07cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園史上最強の二人「KKコンビ」

1983年夏の選手権において、史上初となる夏春夏の3連覇まであと2勝に迫っていた池田高。「阿波の金太郎」こと水野雄仁選手(元巨人)を軸に「やまびこ打線」で勝ち進んだが準決勝で敗退することになる。その、池田高を打ち破ったのが、甲子園の歴史に大きくその名を残す「KKコンビ」だった。
1年生だった清原選手、桑田選手を中心としたPL学園高は池田高相手に7-0と圧勝。桑田選手が完封勝利を挙げ、水野選手から本塁打も放っている。続く決勝でも横浜商高(神奈川県)を3-0で下し甲子園制覇を達成。この大会から「KKコンビ」の快進撃が始まった。
2年時(1984年)は春のセンバツ、夏の選手権で準優勝。3年(1985年)春のセンバツではベスト4と常に甲子園の中心に居続けた二人。その集大成が3年夏の選手権だった。最後の夏となった「KKコンビ」は初戦で甲子園における1試合最多得点をマーク。29-7で東海大山形高(山形県)を撃破すると清原選手の3試合連続本塁打などで決勝へ進出。2年時に2度涙をのんだ甲子園の決勝で宇部商高(山口県)を下し優勝を飾っている。
桑田選手は戦後最多となる甲子園通算20勝、清原選手は史上最多となる甲子園通算13本塁打を放ちその名を甲子園の歴史に刻んでいる。

佐賀北の奇跡「がばい旋風」

2007年夏の選手権において旋風が巻き起こった。佐賀県立佐賀北高が延長引き分け再試合、優勝候補の帝京高を撃破。公立高校ながら決勝まで勝ち進んだのだ。この進撃は「がばい旋風」と呼ばれ、公立高校の進撃を高校野球ファンは見守っていた。
決勝戦の相手は優勝候補である広島県の強豪・広陵高。エースは現在広島東洋カープのエースとして活躍する野村祐輔選手。捕手には第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表の正捕手を務めた小林誠司選手(巨人)。また、上本崇司選手(広島)、土生翔平選手(広島)など4人のプロ野球選手を輩出することになる優勝候補だった。 8回裏まで0-4と敗色濃厚だった佐賀北高は、この回1点を返し尚も満塁のチャンスで副島浩史選手が値千金の逆転満塁本塁打を放ち5-4。最終回を抑えきり見事優勝を成し遂げた。
当時のエースでもあった久保貴大選手は現在、母校の教師として赴任しており野球部の副部長となった。選手として優勝を果たした久保選手は指導者としても「がばい旋風」を巻き起こすつもりだ。

おすすめの記事