「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017夏の甲子園】中国・四国地区出場校レビュー

2017 8/2 16:06cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山県:おかやま山陽高校(初出場)

岡山県は、おかやま山陽高校が春夏通じて初の甲子園出場を決めた。同校は女子プロゴルファーの諸見里しのぶ選手が卒業し、後にスポーツ界で活躍している。
岡山県大会決勝の創志学園戦は、雷雨のために延長10回8-8の再試合となったが翌日は9-2で快勝。1試合目は8回表終了時点で1-6のビハインドから6点を奪い粘りを見せた。
再試合では前日の試合において5回5失点で降板していた大江海成選手が、8回までノーヒットノーランと圧巻の投球。しかし、足の不安があり8回裏の攻撃で代打を送られ降板している。甲子園の大舞台でも同じように快投を期待したい。

広島県:広陵高校(3年ぶり22回目)

広島の名門校・広陵高校が3年ぶりに夏の選手権へ戻ってきた。ここ数年は広島新庄高校らに県代表を譲っていたが、今大会では決勝において9-5で勝利。みごと22回目の甲子園切符を手に入れている。
今チームはプロ注目である平元銀治郎選手、中村奨成選手のバッテリーが中心で、エースの平元選手は、左腕から最速146キロのストレートとスライダーを武器とする本格派だ。チームを率いる中井哲之監督も、同校OBである有原航平選手(日本ハム)、野村祐輔選手(広島)、吉川光夫選手(巨人)らプロの世界でも活躍する選手達と並ぶ逸材として評価されており、注目を集めている。
また、中村捕手も小林誠司捕手(巨人)を超えると同監督は話しており、すでに複数の球団が視察済みだ。甲子園でプロ注目バッテリーの躍動に期待したい。

おすすめの記事