「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017夏の甲子園】北海道・東北地区出場校レビュー

2017 8/2 12:53cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

北北海道:滝川西高校(19年ぶり3回目)

1998年以来19年ぶりの3回目の出場となった滝川西高校。昨年は北北海道大会決勝でクラーク国際高校に敗れており、雪辱を果たした格好だ。今大会決勝では、2年前の出場校である白樺学園高校と対戦。1-2と1点ビハインドの8回表に同点に追いつくと、延長10回に勝ち越し点を奪い3-2で甲子園切符を手に入れた。過去2度出場した夏の選手権ではともに1回戦敗退。「3度目の正直」で初白星を狙う。
エースの鈴木愛斗選手は、北北海道大会全試合を1人で投げ抜き役割を果たした。また、捕手の細矢翔平選手が、決勝戦の10回表に決勝本塁打を放つなどバッテリーの力は大きい。甲子園でも鈴木選手の力投に期待したい。

南北海道:北海高校(3年連続38回目)

南北海道からは、3年連続38回目の出場となる北海高校が甲子園出場を手に入れた。38回は今大会出場校の中で最多の出場回数となっている。昨夏はエースの大西健斗選手(現慶応大学)を中心に勝ち上がり、チーム史上最高成績となる準優勝を達成。今年は初優勝を目指す。
注目したいのは、3年連続で甲子園に出場することとなる多間隼介選手だ。昨夏は大西選手の控えとしてベンチ入りするも、準決勝まで登板無し。決勝で大西選手がノックアウトされたあとに、マウンドへ登り6回2失点の好投。打っては3打数3安打と投打に渡り実力を見せた。エースは阪口皓亮選手と争っているが、2人揃って甲子園の舞台で活躍し昨年越えに期待したい。

おすすめの記事