「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017夏の甲子園】東海・北信越地区出場校レビュー

2017 8/2 12:34cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県:日本文理高校(3年ぶり9回目)

新潟県は日本文理高校が3年ぶり9回目となる夏の甲子園切符を手に入れた。決勝で3年連続の出場を目指す中越高校に勝利し、今大会での勇退が決まっている大井道夫監督の花道を飾った格好だ。
同校は、2009年夏の選手権決勝で中京大中京高校(愛知県)と対戦。4-10と6点ビハインドの9回表に5点を奪い、あわや逆転まで追い込む名勝負を演じたことが記憶に新しい。その際の実況でもある「日本文理の夏はまだ終わらない!」は名実況として現在でも語り継がれているほどの名勝負でもあった。
今年のチームで注目されているのは、1年時から注目されていたスラッガーの川村啓真選手だ。中越高校との決勝でも本塁打を放ち、3番打者としてチームを引っ張っていく。大井監督の集大成として2009年の準優勝を超える成果に期待が掛かる。

長野県:松商学園高校(9年ぶり36回目)

長野県勢で最多となる36回目の甲子園に古豪が戻ってきた。9年ぶりに出場を決めた松商学園だ。夏の選手権では長野県勢唯一となる優勝経験もあり、2度目の全国制覇に期待が掛かる。
同校は今春の長野県大会を制した小諸商業高校を2回戦で破り、決勝では昨夏の代表校である佐久長聖高校を撃破。ノーシードながら県代表の座を勝ち取った。佐久長聖高校とは昨夏の決勝でも対戦しており当時は2-6で敗戦。1年越しでリベンジを果たした格好だ。
今年は投手陣が安定しており、エースの青柳真珠選手、2年生の直江大輔選手がチームの中心となる。決勝も継投で勝ち進んでおり、甲子園でも起用法に注目が集まる。

おすすめの記事