「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017夏の甲子園】九州地区出場校レビュー

2017 8/2 12:12cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県:東筑高校(21年ぶり6回目)

福岡県大会では大本命だった春のセンバツ8強の福岡大大濠高校。そこを決勝で3-1と僅差の末に破った東筑高校が、21年ぶり6回目の甲子園出場を飾った。決勝では初回に1点を失ったが2回に2点を奪い、逆転に成功。3回にも1点を追加し、そのまま3-1で逃げ切った。
東筑高校は西鉄ライオンズでプレーし、オリックス・バファローズなどで監督を務めた仰木彬氏の母校でもある。過去5回の出場では「石田姓」の選手がエースとして3回出場している。今回のエースも「石田旭昇(あきのり)」選手となっており、4回目のエース「石田姓」による甲子園出場だ。
石田選手は福岡県予選で全試合を1人で投げ抜いており、スタミナも抜群。甲子園の舞台でも「石田伝説」を継承することに期待が掛かる。

佐賀県:早稲田佐賀高校(初出場)

早稲田大学の系属校である早稲田佐賀高校が、春夏通じて初の甲子園切符を手に入れた。2010年に開校された同校は創部8年目での出場となった。2013年にも県大会決勝まで進出したが、有田工業高校に延長10回サヨナラ負け。あと一歩のところで甲子園出場を逃していた。ユニフォームは早稲田大学と同じく、えんじ色を基調とし胸には「WASEDA」と入っており認知度は高い。
チームを率いる古賀一則監督は奇しくも決勝で戦った鳥栖高校のOBでもあり、母校を破っての甲子園出場となった。母校の想いも背負い、まさしく佐賀県の代表としてチームをまとめていく。
同じ系属校の西東京の早稲田実業学校は決勝で敗退となり、甲子園での対決はお預けとなったが、えんじ色のユニフォームを甲子園で躍動させる。

おすすめの記事