「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【きばれ!】鹿児島県の野球強豪校5選

2016 8/13 06:01
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球ファン必見!
数多くのプロ野球選手を送り込んでいる鹿児島県の高校野球についてどれだけ知っているだろうか。
今回はそんな鹿児島県の高校野球強豪校をご紹介しよう。

杉内俊哉選手を輩出【鹿児島実業高等学校】

野球、サッカーと数多くのプロ選手を輩出している鹿児島実業高等学校は、鹿児島県内でも有数の野球強豪校である。
甲子園大会では不思議と優勝の経験がなかったが、1996年春の選抜大会で嬉しい初優勝を果たしている。以降も優勝こそ無いものの、甲子園大会にはよく出場している全国屈指の強豪校である。 プロ野球選手も、定岡正二(読売ジャイアンツ)、杉内俊哉(読売ジャイアンツ他)、本多雄一(福岡ソフトバンクホークス)など一流選手を数多く輩出している。

県内有数のマンモス校!【樟南高等学校】

1883年に前身が創立され、130年以上の歴史を誇る樟南高等学校は、鹿児島県内有数のスポーツ校である。 2016年6月現在で春夏合わせて18回の甲子園出場を果たしており、以前は鹿児島実業、鹿児島商業とともに”御三家”に数えられていた。
甲子園大会では優勝こそ無いものの、1994年夏の選手権大会では準優勝を果たしている。 卒業生で現在活躍している選手は、鶴岡慎也(福岡ソフトバンクホークス)、大和(阪神タイガース)がおり、今後も有力選手の輩出が期待されている。

おすすめの記事