「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がばい強か!】佐賀県の野球強豪校4選

2016 8/13 06:01
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀県の高校野球は古くからの強豪校だけでなく、近年では公立高校も力をつけている。今回は、県立佐賀商業高校、県立佐賀北高校、私立佐賀学園高校、私立龍谷高校の4つを紹介する。佐賀県の高校野球はこれからどんな成長をみせるのか楽しみだ。

佐賀県史上最多の甲子園15回出場!県立佐賀商業高校

佐賀県の野球強豪校といえば、まず間違いなく佐賀商業高校の名前が挙がるだろう。佐賀県の高校としては最多の15回という圧倒的な甲子園出場回数を誇る古くからの強豪校だ。
佐賀県代表の高校は、甲子園において初戦で敗退してしまうことも多い中で、1994年には佐賀県の高校として初の全国制覇を達成し、その名を世に広めた。部活動が非常に盛んな公立校で、野球以外にもバレーボール、サッカー、水泳、柔道などのスポーツで全国大会への出場経験があるのだ。
プロ野球選手を多く輩出しており、現在北海道日本ハムファイターズで活躍する田中豊樹選手はOBである。

公立高校として最後の全国制覇!県立佐賀北高校

佐賀北高校は、2000年の初出場から現在まで力を伸ばし続ける佐賀の新しい強豪校と言えるだろう。 2007年の夏の甲子園では、決勝で優勝候補本命だった広島代表の広陵高校を下し、公立高校としては11年ぶりの全国制覇を成し遂げたのだ。佐賀北高校の優勝以来、公立高校の甲子園優勝はなく、「甲子園最後の公立優勝校」となっている。
進学校である佐賀北高校は、専用の野球場を持っておらず、甲子園優勝は”奇跡”とも言われていた。しかしながら、翌年以降も甲子園出場を2度果たしているため、もはや「佐賀の強豪校」として実力を疑う人はいないだろう。

おすすめの記事