「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園で生まれた劇的な本塁打を振り返る

2017 6/30 12:56cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園と本塁打

ドラフト前、甲子園大会期間中に話題となる甲子園通算本塁打。
2017年5月時点、甲子園通算本塁打で首位となっているのは、PL学園高校の清原和博選手(元・埼玉西武ライオンズ 他)の13本だ。2位は、同じくPL学園の桑田真澄選手(元・読売ジャイアンツ 他)と上宮高校・元木大介選手(元・読売ジャイアンツ)の6本にダブルスコアをつけており、アンタッチャブルレコード(塗り替えられることがほぼ不可能な記録)となっている。1985年夏の甲子園は、清原選手にとって最後のとなっており、その記録は30年以上も破られていないのだ。
2017年春のセンバツでは、23本の本塁打が生まれている。試合を決める劇的な一発もあれば、相手に一矢報いるそれもある。「本塁打は野球の華」と表現されることも多いが、その1本1本にドラマがある。
今回は甲子園の歴史上、本塁打で生まれたドラマの一部をご紹介したい。どの本塁打も大会が終わった後に、ファンの間で語られることが多い印象的な本塁打だ。 後にプロ野球の世界に進んだ選手もいれば、そうでない選手もいる。しかし、その本塁打を放った瞬間は間違いなく輝いていた。

野村祐輔選手が浴びた、まさかの満塁本塁打

2017年春のセンバツ、群馬県・高崎健康福祉大学高崎高校の山下航汰選手が、大会史上2人目となる2本の満塁本塁打を放った。1大会2本の満塁本塁打は、福井県・敦賀気比高校の松本哲幣選手が2015年春のセンバツで2打席連続で放って以来だ。 その満塁本塁打として思い出されるのは、2007年夏の選手権決勝での広陵高校対佐賀北高校の一戦だろう。
広島県屈指の強豪でもある広陵と、「がばい旋風」を巻き起こし決勝まで勝ち上がってきた佐賀県・佐賀北の一戦は、広陵のペースで進んでいく。2回表に広陵が2点を先制。更に、7回で2点を追加し4-0とリードを広げ、終盤8回に。広陵の先発である野村祐輔選手(現広島)は佐賀北打線を7回までわずか1安打に抑える好投。だれもが広陵の優勝を確信していた。
しかし、8回裏野村選手は、佐賀北に連打を浴びさらに四球で1死満塁のピンチを招く。続く打者もカウント1ストライク、3ボールと打者有利となる。続く5球目は、低めの際どいところではあったがボールの判定。押し出しで1点を返され4-1とリードは3点に変わる。野村選手は驚きの表情を見せた。 気を取り直して、臨んだ副島浩史選手に1ストライク1ボールからの3球目を完璧に捉えられ、打球は左翼スタンドへ一直線の逆転満塁本塁打。土壇場で4-5と勝ち越しを許してしまった。このまま試合は佐賀北が勝利し広陵は敗れ去った。
この満塁本塁打は直前の押し出しからセットで広陵の悲劇、佐賀北の歓喜としてファンの間では語られている。

おすすめの記事