「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園における延長再試合の歴史を振り返る

2017 6/30 12:56cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

史上初!1日2試合の延長再試合

2017年春のセンバツで、史上初となるできごとが起きた。延長15回引き分け再試合が、1日に2試合行われたのだ。大会7日目の福岡大学附属大濠高校×滋賀学園高校、福井工大福井高校×高崎健康福祉大学高崎高校、両者譲らずに引き分け。本来であれば翌日に組み込まれる再試合だが、1日明けた大会9日目に実施となった。
再試合では、福岡大大濠高校と健大高崎高校がそれぞれ勝利を収め、翌日から始まる準々決勝へと駒を進めている。エースが登板できないことも影響し、両チームとも準々決勝で敗退し、過酷な日程が取り上げられたことは記憶に新しい。
このような延長再試合は、春夏問わず過去の甲子園でも行われており、今回が11回目と12回目になった。どんなドラマが起こっていたのか、過去の延長再試合を振り返ってみよう。

「ハンカチ王子vs.マー君」早稲田実業vs.駒大苫小牧高校

2006年夏の甲子園決勝戦は、1969年夏の甲子園以来37年ぶりの決勝、延長15回再試合となった。この大会には、現在もプロ野球やメジャーリーグで活躍している選手が多数出場していたため、記憶に残っているファンの方も多いだろう。
大会で決勝に駒を進めたのは、南北海道代表の駒大苫小牧高校と西東京の早稲田実業の2校だった。駒大苫小牧高校は、2004年と2005年に2連覇を達成するも、不祥事があり春のセンバツは出場辞退。苦しみを乗り越え、エースである田中将大選手を中心に甲子園の舞台に戻ってきた。一方、東京の名門・早稲田実業は、1980年夏の甲子園以来、実に26年ぶりの決勝進出。「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした荒木大輔選手を擁して、準優勝を超える優勝を狙っていた。
7回まで0-0の決勝戦は、緊張した展開が続く。先に均衡を破ったのは、駒大苫小牧だった。三木悠也選手が、8回表に本塁打を放ち1-0と先制する。しかし、その裏に早稲田実業は犠飛で1点を返し、試合は1-1の振り出しに。その後、両者ともに決定打を奪えず延長15回まで無得点に終わり、1-1で引き分けとなり再試合となった。この試合で斎藤選手は15回完投、田中選手は3回途中から15回まで投げきり好投を演じている。
翌日に行われた再試合で、斎藤選手は先発のマウンドに立ち、田中選手は先発ではなくブルペンからのスタートとなった。試合は初回から早稲田実業が得点を奪い、田中選手がマウンドに上がった。しかし、早稲田実業が田中選手から得点を奪い、8回終了まで4-1とリードを広げる。9回表で駒大苫小牧高校の中澤竜也選手が、最後の攻撃となる2点本塁打を放ち3-4と1点差に迫る。最後は田中選手が空振り三振に倒れ、早稲田実業の優勝が決まった。
実況の「燃える思いの静かなエース斎藤佑樹が、都の名門の90年越しの夢を叶えました!西東京、早稲田実業、夏の甲子園初優勝!」 は、今でも名実況として取り上げられることも多くなっている。

おすすめの記事