「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1980年代前半の 甲子園を振り返る

2017 6/30 12:56cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/Shutterstock.com

1980年:大ちゃんフィーバーの幕開け

1980年春のセンバツは「四国四商」の一角で唯一甲子園優勝経験がなかった高知商(高知県)が初優勝。決勝は高知商のエース・中西清起選手、帝京(東京都)のエース伊東昭光選手が両者譲らずに0-0のまま、試合は延長戦へ。高知商は延長10回裏にサヨナラ犠飛で均衡を破り熱戦の幕は閉じられた。尚、中西選手は投手としてだけでなく打撃でも実力を発揮し、準々決勝では大会通算200号本塁打を放っている。
夏の選手権では新たなスター候補が誕生した年でもあった。早稲田実業の1年生エース荒木大輔選手だ。背番号は「11」だったが初戦から先発のマウンドを任され、初戦の北陽(大阪府)戦を完封。以降も快投を続け準決勝まで44.1回無失点と圧巻の投球を披露した。
荒木選手率いる早稲田実業の決勝の相手は愛甲猛選手率いる横浜(神奈川県)。最後の夏となるこの大会キャプテンとしてチームを率いていた愛甲選手が決勝でも5打数2安打の活躍を見せ荒木選手を打ち崩し横浜の初優勝に大きく貢献した。以降、神奈川県の強豪として名を馳せることになる横浜の初優勝は愛甲選手によってもたらされたのだ。
荒木選手は準決勝まで無失点を続けていたものの、疲労からか決勝では初回に2失点と本来の調子を発揮できなかった。しかし、ここから5季連続で甲子園出場を果たすなど一時代を築くきっかけとなった大会なのは間違いない。

1981年:PL学園が春のセンバツ初優勝

1983年から桑田真澄選手、清原和博選手のKKコンビを擁し甲子園の主役を独り占めするPL学園(大阪府)が初めて春のセンバツを制したのが1981年春のセンバツだった。夏の選手権は1978年に優勝を果たしていたものの春のセンバツは過去7回の出場でベスト4が最高成績となっていたのだ。
PL学園は、初めて決勝まで勝ち進み印旛(千葉県)と対戦する。この試合は6回に印旛が1点を先制し、そのまま試合は9回裏PL学園最後の攻撃へ。1死後に奇跡的な3連打を放ち2点を奪いサヨナラで優勝を飾ったのだ。1978年夏の高選手権で「逆転のPL」の異名がついたPL学園が世代を超え、ここでも奇跡的な逆転勝ちを収めた大会だった。
夏の選手権を制したのも「逆転の報徳」の異名を持つ報徳学園(兵庫県)だった。エースで4番の金村義明選手は横浜戦で2打席連続本塁打を放つなど投打に渡り活躍。決勝では京都商(京都府)相手に2-0で完封勝利を収め初優勝を飾っている。金村選手は打率.545(22打数12安打)、2本塁打、4打点と大活躍を見せ、近鉄バファローズへドラフト1位で入団を果たした。
この大会では名古屋電気(現:愛工大名電/愛知県)の工藤公康選手が長崎西(長崎県)戦でノーヒットノーランを達成するなどベスト4まで進出を果たしている。

おすすめの記事