「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1980年代後半の甲子園を振り返る

2017 6/30 12:56cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

1985年:KKコンビ最後の夏

「KKコンビ」ことPL学園(大阪府)の桑田真澄選手、清原和博選手が3年生となった1985年。高校野球ファンの注目は「PL学園が優勝を果たすことはできるのか?」にあった。PL学園のKKコンビは1983年夏の選手権で圧倒的な強さを誇り優勝を達成したものの、2年時の1984年は優勝できず最後の年を迎えたからだ。
迎えた春のセンバツで順当に勝ち進んだものの準決勝で伊野商(高知県)のエース渡辺智男選手が立ちふさがった。清原選手を3三振と完全に封じ込め3-1と勝利。下馬評を覆す勝利を挙げたその勢いで伊野商は初出場初優勝を果たしている。
KKコンビにとって最後の夏となる1985年の選手権。2回戦で東海大山形(山形県)に29-7と史上最多得点で勝利するなど圧倒的強さで勝ち進む。準決勝の甲西戦でも15-2と大差で勝利し3年連続となる決勝進出を果たしたPL学園。決勝の相手はY高こと横浜商(神奈川県)だ。この試合で清原選手は2本塁打を放ち3-0で勝利し最後の夏を優勝で飾っている。
清原選手は甲子園通算13本塁打という2017年現在でも破られていない記録を達成。決勝戦で放った2本目の本塁打の際に実況アナウンサーが「甲子園は清原のためにあるのか!」は名実況として語り継がれている。

1986年:夏の選手権で天理が初優勝

KKコンビが高校野球の世界から去り初めての甲子園となった1986年春のセンバツ。この大会は初出場となった新湊(富山県)が享栄(愛知県)、拓大紅陵(千葉)、京都西(京都)と言った強豪を次々と破り「新湊旋風」を巻き起こした。準々決勝の京都西戦ではボークで得た決勝点を守り切り延長戦を制している。準決勝で新湊は力尽きたものの大きな感動を呼んだ。
この大会を制したのは池田(徳島県)だった。「阿波の金太郎」こと水野雄仁選手を擁し初優勝を遂げてから3年ぶりの優勝となった。 夏の選手権で春夏連覇を目指した池田は明野(三重県)と対戦するも敗戦。初戦で春夏連覇の夢は絶たれたのだ。春に旋風を巻き起こした新湊も初戦で天理に敗退している。
この大会を制したのは初戦に新湊を下し順調に勝ち進んだ天理だった。12回目の出場で初優勝を決めたのだ。その後、天理は春夏ともに1度ずつの優勝を飾っており全国区の強豪校へと躍進した。

おすすめの記事