「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園を春夏連覇した7校を振り返る【PL学園】

2017 6/30 12:56Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な先輩も成し遂げられなかった偉業を達成!

シリーズで紹介してきた春夏連覇達成校。4校目に紹介する春夏連覇達成校は1987年のPL学園高校だ。この年のメンバーといえば、後にプロ入りした選手が5人、しかもそのほとんどがプロの世界でも何かしらのタイトルに縁のある選手たちばかりという、まさに黄金世代である。
立浪和義選手、片岡篤選手、野村弘樹選手、橋本清選手、そして1学年下の宮本慎也選手。名球会入りした選手ですら2人もいるほどだ。そして彼らの世代でPL学園高校としては初、あの偉大な先輩であるKK世代ですらも成し遂げられなかった春夏連覇を達成した。
だがその道のりは決して平坦ではなかった。KK世代が引退した翌年の86年、PL学園高校は春の選抜に出場するも、浜松商高校(島根)に1-8の完敗。夏も泉州高校(現近畿大学附属泉州)に敗れてしまい、甲子園に出場ならず。KK世代がいたころは83年から85年にかけて5季連続甲子園出場、さらに優勝2回・準優勝2回という輝かしい実績を誇っていた。
しかし、後輩たちにはプレッシャーだったのか、次の世代の夏があっさりと終わってしまう。チームに重い空気が立ちこめる中、新チームのキャプテンに立浪選手が就任。やるしかないという気持ちのもと、大会に臨んでいった。

3本柱の強さが発揮された春の大会

このように、やや重い雰囲気の中で始動した新チームであったが、秋の近畿大会ではベスト4に入り、なんとか選抜への切符を確保する。そして迎えた甲子園、前年の1回戦負けの悪夢が頭をよぎった選手たちもいたそうであるが、西日本短大附属高校(福岡)を、お得意の野村→橋本のリレーで下す。
当時のPLには左の野村選手・右の橋本選手の他に、岩崎充宏選手という右投手がいて、この3本柱が非常に強力だった。自分たちの実力が発揮できれば甲子園でも十分に戦える。その自身が選手たちにもわいてきたのか、2回戦の広島商も野村→岩崎のリレーで完封勝利、打線も調子が良く、終わってみれば8-0と圧勝だった。

おすすめの記事