「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園を春夏連覇した7校を振り返る【和歌山県立箕島高校】

2017 6/30 12:56Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

公立で唯一の春夏連覇を達成

少し前の話になるが、春夏連覇を3度目に達成したのが、1979年の和歌山県立箕島高校だ。和歌山県は今でこそ私学の智弁和歌山高校が強豪校筆頭として知られるが、それ以前は公立校同士でしのぎを削り合っていた。その中で特に70年~80年代にかけて黄金期を築きあげていたのが箕島高校だ。
名伯楽(すぐれた資質を持った人を見抜く力のある人物)として知られる尾藤公(ただし)監督のもと、見事、春夏連覇を達成。特に79年の箕島高校は強かった。
エースの石井毅選手は2年生から春夏連続で甲子園に出場しており、その際は春ベスト4、夏ベスト16という結果を残している。そして3年生になった79年、春の選抜では1回戦で下関商業高校(鳥取)に10-4、2回戦で倉吉北高校(鳥取)に5-1と完勝し、危なげなく準々決勝まで駒を進めていった。

【春の選抜準決勝】PL学園との死闘

準決勝では、後に広島東洋カープで活躍する小早川毅彦選手らを擁するPL学園高校と対戦。やはり相手も強く、9回まで1-3とビハインドと苦しい展開となってしまう。それでも、箕島打線も粘りを見せ、9回表に3番・上野山善久選手の絶妙なプッシュバントや、5番・上野敬三選手のスリーベースなどで2点を入れて同点に追いつき、なんとか延長へと持ち込んだ。
そして延長10回、箕島は1・3塁のチャンスを作る。バッターは箕島一の巧打者、1番・キャッチャーの嶋田宗彦選手。ここでPLベンチも動く。ショートの安倍慶二選手(のちにカープ)をここでリリーフとして起用したのだ。公式戦では1度も投げていない安倍選手であったが、この大会では当時の新記録となる3本塁打を記録。うち1本はサヨナラホームランであり、この大会のラッキーボーイ的な存在だった。
PLとしては、安倍選手の勢いに賭けた起用であったのだが、その初球、なんと安倍選手の球がすっぽ抜けてしまい大暴投。これで箕島高校が1点を加え、意外な形でサヨナラ勝ちを収めた。

おすすめの記事