「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園を春夏連覇した7校を振り返る【作新学院・中京商業】

2017 6/30 12:56Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【中京商業その1】当時から強豪として知られていた中京商業

続いての春夏連覇は、1966年の中京商業高校だ。現在の校名は中京大学附属中京高校、通称「中京大中京」といえば、現在でもおなじみだろう。全国でも屈指の名門で、甲子園通算133勝、優勝11度は歴代最多記録。また1931年から33年にかけて、いまだ中京商業高校しか達成していない夏の甲子園3連覇を達成している。

1966年、中京商業高校はエース加藤秀夫選手を中心としたチームだった。1回戦ではまだ大阪で名が売れ始めたばかりのPL学園高校(大阪)と対戦し5-2の完投勝利。2回戦の高鍋(宮崎)戦では終盤まで4-5とやや流れの悪い状況だったが、8回裏に2点を入れて6-5と逆転勝利。これで勢いがついたのか、続く準々決勝の米子東高校(鳥取)との試合に11-2と快勝し、つづく宇部商業高校(山口)との試合を迎える。

【中京商業その2】延長15回の熱戦を制し、決勝も完封勝利

宇部商業高校はこの大会が甲子園初出場。そのため、下馬評では中京商業高校が圧倒的に有利だった。しかし、試合は1回の表にいきなり宇部商業高校が3点を先制されてしまう。なんとか3回に1点、5回にも2本のタイムリーで2点を取り、同点に追いつく。しかし、その後は両者追加点を取れないまま、試合は延長戦へ。

14回の表、先に得点したのは宇部商業高校であった。5回から続いていた膠着状態が終わり、流れは一気に宇部商業高校へ。しかし、経験に勝る中京商業高校。ここからの粘りはさすがだった。
何と満塁からスクイズを決めて、再び試合を4-4の同点に戻したのだ。プレッシャーのかかる場面であったが、これをしっかりと決めてしまうのが強豪校と呼ばれるゆえんだろう。そして15回の裏、再び満塁のチャンスを作ると犠牲フライでサヨナラ勝ち。試合時間は4時間35分。これは今でも選抜の大会記録となっている。

そして、決勝の土佐高校(高知)戦。当時の土佐高校はたった12人のメンバーで決勝に勝ち上がったことで話題となった高校だ。試合は投手戦となり、3回に中京商業高校がタイムリーで先制すると、加藤選手が相手に得点を許さずにそのまま1-0の完封勝利。2試合連続の熱戦に勝利し、見事に春の大会を制覇した。

おすすめの記事