「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園を春夏連覇した7校を振り返る【作新学院・中京商業】

2017 6/30 12:56Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

春夏連覇を達成したのは7校

甲子園で連覇といえば、やはり春夏連覇だろう。学年が変わらず、メンバーにも大きな変化はないため、掛け値なしで「その年で1番強いチーム」という証明になる。甲子園春夏連覇を達成したのは、以下の7校だ。

1962年:作新学院高校(栃木県)
1966年:中京商業高校(愛知県 現中京大中京校)
1979年:箕島高校(和歌山県)
1987年:PL学園高校(大阪府)
1998年:横浜高校(神奈川県)
2010年:興南高校(沖縄県)
2012年:大阪桐蔭高校(大阪府)

どの高校も、いまだに強豪校として知られるところばかりだ。大阪桐蔭高校は2017年の春の選抜も優勝しており、5年ぶりの春夏連覇が期待されている。今回はそういった期待を込め、今までに春夏連覇を達成した7校を振り返っていこう。

【作新学園高校その1】4連戦を耐え抜いて見事に春を制覇

史上初の春夏連覇を成し遂げたのは、1962年の作新学院高校だ。スポーツニュースなどで活躍する江川卓選手の母校としておなじみだろう。最近でも2016年の夏の大会、今井達也選手(現埼玉西武ライオンズ)の熱投で優勝を達成している。

1962年、後にロッテオリオンズに入団し、引退後も千葉ロッテマリーンズの監督まで勤めた八木沢壮六選手がエースであった。2年時にも選抜に出場し、経験も豊富な投手だ。
だが、この選抜大会の制覇は決して順調とはいえなかった。特に準々決勝の八幡商業高校(滋賀県)戦では、0-0のまま決着がつかず、18回引き分け。再試合を2-0で勝利するも、続く準決勝の松山商業高校(愛媛)戦でも延長16回という熱戦が続く(試合は3-2で勝利)。

なにより想定外だったのが、再試合が挟まったことによって、準々決勝・準々決勝再試合・準決勝・決勝と4連戦になってしまったことだ。しかも、そのうち2試合は延長戦。選手たちも疲労困憊の状態であったが、それでも、決勝の日大三高校(東京)戦ではエースの八木沢選手が気力で投げ抜き、1-0の完封勝利。エースの熱投により、見事に優勝をはたした。

おすすめの記事