「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1990年代前半の甲子園を振り返る

2017 6/28 09:44cut
baseball high school
このエントリーをはてなブックマークに追加

1990年:イチロー選手が登場!

春のセンバツでは初出場の愛媛県代表・新田高校が旋風を巻き起こす。初戦で前橋商業高校を9-1で破ると、続く日大藤沢高校戦では1-4で9回裏に最後の攻撃を迎える。1点を返し続く4番の宮下典明選手がサヨナラ3点本塁打を放ち、5-4と逆転サヨナラ勝利を収めたのだ。サヨナラ本塁打を放った宮下選手は、後に近鉄バファローズへと入団している。
この勝利で勢いに乗った新田高校は高松商業高校も破り、準決勝では大阪の強豪北陽高校と対戦する。北陽高校が3-1と2点リードで迎えた8回裏に、2回戦で逆転サヨナラ3点本塁打を放った宮下選手が同点本塁打を放つ。そのまま、試合へ延長に入り17回裏に新田高校の池田幸徳選手がサヨナラ本塁打を放ち、4-3で北陽高校を下し決勝へ進出したのだ。決勝では近大付属高校に2-5で敗れるが「ミラクル新田」の名前はファンの脳裏に刻まれた。
夏の選手権大会には後の愛工大名電高校のイチロー選手こと鈴木一朗選手(現マーリンズ)が出場する。1回戦で南竜次(元日本ハム)選手擁する天理高校に1-6で敗れ、初めての甲子園は初戦敗退に終わってしまう。その天理高校は決勝で沖縄水産高校に1-0の僅差で競り勝ち、4年ぶり2回目となる全国制覇を達成した。

1991年:大阪桐蔭が初出場初優勝

この年の春のセンバツには、再び愛工大名電高校が出場しイチロー選手は投手として先発マウンドに登る。松商学園高校相手に9回3失点と好投を見せたが、試合には2-3で敗れてしまい、1990年夏の大会に続いて2大会連続で初戦敗退となってしまうのだ。
松商学園高校は決勝まで勝ち進むが広陵高校に敗れ準優勝に終わっている。この大会で優勝した広陵高校には二岡智宏選手(元日本ハム他)の兄である二岡聡選手も出場していた。
夏の選手権では近年、全国的な強豪チームとして知られる大阪桐蔭高校が初出場し、初優勝を遂げたのだ。現在の強豪校も26年前は初出場初優勝のダークホースだった。この大会では怪物スラッガーである星稜高校の松井秀喜選手が2年生ながら4番として出場を果たしている。竜ケ崎一高戦では甲子園初本塁打を放った。

おすすめの記事