「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最後まで分からない試合多数!2017年選抜選手権大会総括

2017 6/28 09:44Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

史上初となった大阪勢同士の決勝戦

2017年春の高校野球選抜選手権大会は、史上初の大阪勢同士の決勝となった。この大会では本当に最後までわからない試合が多く、決勝戦でも手に汗握る展開となった。今回は2017年春の選抜選手権大会のなかから、特に印象的だった試合を紹介していこう。まずは、決勝戦の大阪桐蔭ー履正社高校戦から見ていく。

史上初の大阪勢同士の決勝戦。その幕開けは衝撃的だった。なんと1回の表、大阪桐蔭高校の藤原恭大選手が先頭打者本塁打を放ち、あっという間に1点を先制するのだ。ここまであまり当たっていなかった藤原選手なのだが、大舞台で最高の仕事をやってのけた。
さらに、その裏の履正社の攻撃をエース徳山選手が三者三振に切って取り、完璧な滑り出しを見せる。続く2回にも7番坂之下晴人選手がレフトスタンドにホームランを放ち2-0。さらに6回にはまたも藤原選手がホームランを放ち3-0。徐々に履正社を突き放しいくのだ。

一方の履正社打線は5回までノーヒット。徳山選手に完璧に抑えられており、端から見れば大阪桐蔭が一方的に攻めているような雰囲気だった。しかし、イニングごとの内容を見ると、実は履正社の方もずっと攻め続けていたことがわかる。
大阪桐蔭のここまでの得点はすべてホームランであり、それ以外のイニングでは履正社のエース竹田祐選手が四球も出さず、持ち前の粘り強さで大阪桐蔭打線を抑えていた。攻撃でもヒットこそ出なかったものの、数多くの四球を奪い続け、徳山選手に少しずつダメージを与え続けていくのだ。

見事な同点劇!しかしそれ以上に見事だった代打ホームラン

そしていよいよ8回だ。この回は1番の石田龍史選手が内野安打で出塁し、2死1塁で3番の安田尚憲選手に回す。この日はここまで当たりのなかった安田選手だが、フルカウントから振り抜いた打球は、鋭く三遊間を抜けてレフト前へ。2死1・3塁として、4番の若林将平選手につなぐのだ。
若林選手はこの日2四球を選んでいたが、6回の打席でも2死1・3塁のチャンスに三振を喫していた。なんとかして雪辱を晴らしたいこの打席。1ボール1ストライクからの3球目。打球は再び三遊間へ。サードの山田選手が飛びつくも、その横を抜けていき、見事にレフト前タイムリー!1点を返し3-1とする。

さらに続く5番浜内選手(2年)の打球は、レフトの頭上をおそうタイムリーツーベース。2塁の安田選手、1塁の若林選手が一気に生還し、これで3-3の同点に追いつくのだ。ここまでじわりじわりと相手にダメージを与え続けてきた履正社打線が、ついに相手投手をとらえた。

しかし、直後の9回表、大阪桐蔭高校の攻撃。先頭の坂ノ下選手がヒットで出塁し、送りバントで2塁に進める。すると徳山選手に代わり代打で出てきた西島選手が、なんとレフトスタンドに勝ち越しツーランホームラン。追いつかれた直後の見事な速攻。履正社の同点劇も見事だったが、それ以上に見事だった代打ホームランだった。結局これが決勝点となり、最後は根尾昂選手が締めて、見事2014年以来3年ぶりの優勝を果たした。

おすすめの記事