「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年選抜選手権大会で活躍した選手たち【投手編】

2017 6/28 09:44Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

前年秋の雪辱を晴らし優勝投手となった大阪桐蔭・徳山壮磨

2017年の高校野球春の選抜選手権大会では、好投手揃いの非常に面白い大会となった。今回はそんな選抜大会から、特に印象的だった投手を紹介していこう。まずは優勝した大阪桐蔭高校の徳山壮磨(とくやまそうま)選手からだ。
徳山選手といえば、やはり決勝の履正社戦でのピッチングが素晴らしかった。味方の先頭打者ホームランで先制した後、その裏のピッチングでは三者連続三振。良い流れをぐっと引き寄せる投球を見せる。結局8回に3点を取られ、完投とはならなかったが、それでも5回までを無安打、トータルでは8回130球3失点7奪三振の力投で優勝に貢献した。
それまでの試合でも、決勝までの5試合にすべて登板。準々決勝の東海大福岡、準決勝の秀岳館戦では2試合連続の完投勝利を収めている。最速は145km/hとびっくりするほど速いわけではないが、コントロールの良さとキレのあるスライダーを武器に、相手打線を封じ込めていった。
実は前年秋の大阪府大会でも、準決勝で履正社高校と対戦しているのだが、そのときは安田選手に1発を浴びて敗戦投手になってしまったのだが、その雪辱を甲子園の大舞台でみごとに晴らした。

これぞエースという姿を見せた履正社・竹田祐

一方で準優勝となってしまった履正社の竹田祐(たけだゆう)選手。決勝では連投の疲れからか球があまり走っておらず、8回までに3本のホームランを浴びてしまっていたのだが、それでも粘って粘って相手打線を抑えていくピッチングが印象的だった。
最速145kmに抜群のコントロール、そしてキレのあるスライダー。どうしても徳山選手と似ているところはあるかと思う。しかし、竹田選手の魅力は、やはりその気の強さ、精神力の強さだろう。3本のホームランを打たれてもなお、自分のピッチングを崩すことなく、攻め続けたその姿勢、まさにエースと呼ぶにはふさわしい姿だった。彼が粘り強く投げていたからこそ、8回の同点劇が生まれたのだと思う。
竹田選手は大阪府大東市出身で、大阪桐蔭高校の目と鼻の先に実家があるそうだ。大阪桐蔭高校からも誘いもあったそうなのだが、強いチームを倒したいとのことで、あえて別の市にある履正社高校を選んだそうだ。そういったところからも、気の強さがうかがえる。期待したくなる選手だ。

おすすめの記事