「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年選抜選手権大会で活躍した選手たち【野手編】

2017 6/28 09:44Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャプテンを怪我で欠くもチームワークで優勝した大阪桐蔭高校

史上初の大阪勢同士の対決で幕を閉じた2017年の選抜選手権大会。2回戦では滋賀学園ー福岡大大濠、健大高崎ー福井工大福井と2試合連続で再試合になったりと、珍しい出来事もいろいろと見られた。今回はそんな選抜選手権大会の中から、印象的な活躍をした選手たちを、特に野手に絞って紹介していこう。
まずは優勝した大阪桐蔭高校の注目選手を紹介していく。
大阪桐蔭高校は本当に様々な選手たちが活躍した。正捕手の岩本久重選手をケガで欠く中、キャプテンの福井章吾選手(正ポジションはファースト)がエースの徳山壮磨選手とバッテリーを組み、チームを牽引する姿は印象的だった。4番の山本ダンテ武蔵選手、2塁手の坂之下晴人選手も随所で良いプレーを見せていた。
チームが緊急事態の中でもしっかりと自分たちの力を発揮することができる、本当に頼りになる選手たちだ。

大阪桐蔭優勝の原動力となったのは2年生の野手たち

しかし、大阪桐蔭高校の優勝は、やはり2年生選手たちの活躍なしには語れない。その中でも特に話題になったのが根尾昂(ねおあきら)選手だ。背番号7をつけながら、守ってはショート、センターで安定した守備。そして時にはマウンドに上がり、140km後半のストレートをバンバン投げ込んだ。内野・外野・投手の「三刀流」として、大きな話題になった。甲子園では主に3番や5番といったクリーンナップで出場、決勝ではスタメンから外れたが、代打で出てきたときは大歓声に包まれた。
だが同じく2年生ながらそれ以上に打線を引っ張っていった選手がいる。背番号13、山田健太選手だ。初戦の宇部鴻城(うべこうじょう)戦ではツーラン1本を含む2安打3打点の活躍を見せると、続く静岡高校戦では5打数4安打2打点の大暴れ。
結局5試合すべてでマルチ安打、うち4試合でも打点を稼ぎ、最終的な成績は.571(21-12) 1本塁打 8打点という大活躍を見せた。さらに決勝で2ホーマーだった1番の藤原恭大(ふじわらきょうた)選手や、2番のつなぎ役だった宮崎仁斗(みやざきじんと)、主に3番を努めて全試合でヒットを放った中川卓也選手、そしてサウスポー投手の横川凱(よごがわかい)選手も2年生。この世代は黄金世代とも呼ばれており、来年以降も非常に楽しみだ。

おすすめの記事