「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016年】甲子園のスター選手達の進路は?

2017 5/15 09:56おしょう
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年、甲子園にはスター選手が出場し、大会を大いに賑わせていた。 特に投手はBIG4と呼ばれる選手達がいるなど逸材揃いだった。 そこで今回は、2016年の甲子園に出場した選手の進路を紹介する。

「甲子園優勝投手」今井達也選手

まず紹介するのが作新学園で甲子園優勝投手となった今井達也選手だ。細身の身体でありながらも、全身を鞭のようにしならせて投げることで、打者の手元で伸びる一級品のストレートが魅力の投手だ。カットボール、ツーシームなども打者の手元で変化するため、完成度はかなり高い。
ドラフト時の評価もかなり高いものがあったが、投手豊作の年ということもあってか、ドラフト1位単独で西武ライオンズへ入団している。

「松坂2世」藤平尚真選手

横浜高校のOBで平成の怪物といえば松坂大輔選手だが、同じ右腕、横浜高校出身ということで松坂2世と呼ばれていたのが藤平尚真選手だ。186cmという恵まれた体格から放たれるストレートは150kmをゆうに越える。また、制球、ピッチングフォームの評価も軒並み高いものがあった。
ドラフトでは楽天ゴールデンイーグルスから単独で1位指名を受けて入団。田中将大投手、松井裕樹投手など、高卒投手が活躍してきた球団なので、藤平選手にも期待できそうだ。

「高卒ナンバーワン左腕」寺島成輝選手

寺島成輝選手は大阪府の名門、履正社高校出身だ。左腕でありながらも、ストレートは150kmを計測する。その「質」も高く、ボールにスピンが効いていて、打者の手元で伸びるようなボールだ。決め手となる変化球があれば即戦力としてもやっていけるほどの逸材だ。
東京ヤクルトスワローズにドラフト単独1位で入団している。入団直後に肘のケガで戦線離脱したが、順当にいけば石井一久氏のような左腕になることができる力を持っている選手だ。

「高校BIG4」高橋昂也選手

高校BIG4最後の一人が花咲徳栄の高橋昂也(たかはし こうや)選手だ。他のBIG4はドラフト1位だったが、高橋選手は2位で広島東洋カープに指名された。甲子園のマウンドが合わず、甲子園では思うように投げられなかったこともあり、最後の夏は目立った結果を残すことができなかった。
しかし、最速152kmの直球と、馬力のある投球スタイルは評価も高いだ。投球フォームや変化球などはまだ荒削りな部分も多いだが、裏を返せば伸びしろが抜群であるということなので、今後の活躍に注目だ。

「今春夏連続4強入り」九鬼隆平選手

投手豊作の2016年甲子園だったが、捕手として大きな注目を浴びたのが九鬼隆平選手だ。九鬼選手は主将、捕手、4番としてチームの中心となり、春と夏の甲子園で 秀岳館高校をベスト4に導いている。高校日本代表ではBIG4を好リードしており、守備での評価も高まっていた。
ドラフトでは捕手として最上位となる3位で福岡ソフトバンクホークスへ入団している。ソフトバンクの捕手は高齢化が進んでいる。そんな中、九鬼選手の成長が待たれているところだ。

まとめ

2016年の甲子園では、投手の好選手が多く揃っていた。しかし、九鬼選手などの野手にも有望な選手はいる。 今シーズン、もしくは数年後球界を代表する選手に成長するのか? 甲子園を沸かせたスターの今後に注目だ。

おすすめの記事