「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【てげー強いよ!】宮崎県の野球強豪5選

2016 7/31 09:20
宮崎県 高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎県は毎年どの高校が甲子園に行くのか分からない。強豪校が多いからこそ、プロ野球選手の輩出が多い。そこで今回は、延岡学園高校、日南学園高校、宮崎日大高校、都城工業高校、宮崎商業高校の5つの強豪校を紹介する。

全国準優勝校【延岡学園高校】

2015年の夏の甲子園で準優勝を果たしたのが延岡学園高校だ。その際には、現西武ライオンズの高橋光成投手を擁する前橋育英高校に、わずか1点及ばずに悔し涙を流したのだった。 投手力には毎年定評があるのが特徴で、OBには元ロッテの黒木知宏投手がいる。 毎年、宮崎県の上位に入ってくる高校なので、今年も代表筆頭校のひとつと言えるかもしれない。 今年こそは、かつて果たせなかった全国制覇の夢を達成するためにも、宮崎県代表となれるか楽しみなところだ。

出場回数は県ナンバーワン【日南学園高校】

春夏を通じて、宮崎県の高校で最も多く甲子園に出場しているのが日南学園高校で、その数は12回にのぼる。 2016年の春のセンバツにも出場しましたが、一回戦で惜しくもサヨナラ負けを喫してしまった。 その悔しさを晴らすためにも、今年の夏への思いは、もしかしたら宮崎県で一番強いかもしれない。 ソフトバンクの寺原隼人投手や、西武などで活躍した赤田将吾選手など、これまでも多くのプロ野球選手を輩出した、宮崎県でトップクラスの名門である。

おすすめの記事