「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【うどんも野球も日本一へ!】香川県の野球強豪校3選

2016 7/30 15:20
グラブ、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県の高校野球ファンの方へ。今年の選抜で高松商業が準優勝をはたし、その注目度は大きく上がっています。
これから始まる夏の大会に向けて、香川県の野球強豪校をもう一度おさらいしておきたいですよね。 今回は香川県の野球界を支える強豪校から復活を果たした古豪まで、3校を紹介します。

その名は香川県内にとどまらず!全国屈指の名門校 「高松商業」

古くからの高校野球ファンにとって、香川で強いチームといえば高松商業高校でしょう。甲子園には春26回、夏19回出場。通算勝利数54(春32、夏22)は全国でも15位の記録。通算で4度の優勝を誇る、名門中の名門校です。
1996年に春夏連続で甲子園に出場してから、少し全国の場からは遠ざかっていたのですが、今年の選抜で久しぶりにその姿を見せると、なんと準優勝の大躍進! 決勝戦の智辯学園との熱戦は、まだ皆さんの記憶にも新しいかと思います。まさに名門復活といった印象を植え付けていきました。昨年秋の神宮大会では敦賀気比高校を破って優勝しており、今年のチームはすごく期待ができますね。
先ほど紹介した通り、高松商は4度の優勝を記録しています。その内訳は春2回(1924年、1960年)と夏2回(1925年、1927年)。実は春と夏の両方での優勝は、高松商業が初めて達成しています。
また、野球殿堂入りを果たしたOBが3名。1925年に甲子園優勝に導き、その後1936年に結成された阪急軍の初代主将として草創期のプロ野球界を支えた宮竹三郎さん。巨人・東映・中日の3チームを監督として日本一に導いた水原茂さん。巨人のV9をコーチとして支えた牧野茂さん。このように高松商業の功績は高校野球界だけにとどまらず、今の日本の野球界に大きな影響を与えたといっても過言ではないのです。

おすすめの記事