「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【応援しちょるよ!】山口県の野球強豪校5選

2016 7/31 09:20
山口県 高校野球 開会式
このエントリーをはてなブックマークに追加

津田恒美選手の母校【山口県立南陽工業高等学校】

1962年に創立された南陽工業高等学校は、山口県内では”南工”(なんこう)の愛称で親しまれており、春夏合わせて甲子園に8回出場している。2016年春の選抜高校野球にも出場している強豪校だ。 南陽工業の卒業生といえば、なんといっても”炎のストッパー”こと津田恒美だろう。津田恒美は南陽工業に入学後、1年生の時からエースとして活躍し、甲子園に2回出場している。南陽工業がよく知られているのは、津田恒美の影響が大きいと言っても過言ではないだろう。

文武両道【山口県立岩国高等学校】

岩国高等学校は、前身の旧制中学が1880年に創立されており、130年以上の歴史を誇っている。文武両道を方針とする高校で、多くの生徒が国公立大学への進学を目指している。 その中で古くから、硬式野球部には力を入れており、1971年春の選抜高校野球で初めて甲子園へ出場した。1999年までは、山口県予選を勝ち抜いての選手権大会出場はなかったのだが、2000年に初めて山口県予選を勝ち抜いて、夏の選手権大会に出場すると、2015年までに5回の出場を果たすほどの強豪校となった。

おすすめの記事