「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【応援しちょるよ!】山口県の野球強豪校5選

2016 7/31 09:20
山口県 高校野球 開会式
このエントリーをはてなブックマークに追加

おなじみの強豪校の県代表争いに、近年実力を付け強豪校となった高校も加わり盛り上がる山口県高校野球。そんな頼もしく勢いある各高校と野球部の歴史と実績、輩出した有名選手を紹介する。

ミラクル宇部商【山口県立宇部商業高等学校】

宇部商業高等学校は、山口県内の中で一番と言ってもいいほどスポーツが盛んな高校として知られている。 中でもバレーボール部と硬式野球部は、全国大会の常連として全国的に有名で、硬式野球部は19回の甲子園出場を誇っている。 宇部商業の甲子園最高成績は、1985年夏の選手権大会の準優勝だ。この年は桑田真澄選手、清原和博選手の最後の夏として語られている大会で、そのPL学園に決勝で敗れたのが宇部商業だったのだ。また当時は、逆転勝ちが多かったことから”逆転の宇部商”や”ミラクル宇部商”という愛称もついた。

山口の雄【下関市立下関商業高等学校】

山口県で最も多く甲子園に出場しているのは、この下関商業高等学校だ。2018年1月現在で、春夏合わせて23回の甲子園出場を誇っている。春の選抜で優勝1回、夏の選手権大会で準優勝2回と、山口県内だけでなく全国的に強豪として知られているのだ。 卒業生は、日本プロ野球史上初の完全試合達成者である藤本英雄選手(巨人他)や、池永正明選手(西鉄)がいる。

おすすめの記事