「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【桃太郎にも負けない強さ】岡山県の野球強豪校5選

2016 7/31 09:20
グラブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

各県ともに高校野球のレベルが上がってきているなか、公立・私立問わずに甲子園出場を果たしている岡山県。そんな全国レベルの岡山県の野球強豪校をご紹介しよう。

岡山県トップの甲子園出場を誇る、関西高等学校

岡山市にあるの校関西高等学校は、県下唯一の男子私立学校だ。関西学園に属しており、岡山中学校・高等学校が姉妹校にあたる。「関西」と書いて「かんぜい」と読む。 1895年に創部された野球部は、岡山県の高校では最古だ。2013年春の選抜出場により、甲子園出場回数は春夏通算20回(春12回、夏8回)。岡山県内単独トップの甲子園出場回数を誇り、2005年からは岡山県初の5季連続甲子園出場を果たしている。2011年夏の甲子園でのベスト4が最高成績だが、2005年の明治神宮野球大会では準優勝を記録するなど、全国レベルの強豪校だ。 現在部員数は67人で、部訓に「自立・礼儀・自己管理」、目標は「全国制覇」だ。阪神タイガースの森田一成選手、東京ヤクルトスワローズの上田剛史選手など、多数のプロ野球選手を輩出している。

県勢初の甲子園決勝進出!岡山理科大学附属高等学校

岡山理科大学附属高等学校は岡山市にある私立高校で、学校法人加計学園が経営する岡山理科大学の附属校だ。 1962年創部の野球部は、1980年の春の選抜で全国大会初出場。1999年の夏の甲子園大会で岡山県勢初の決勝に進出し、準優勝を果たしたことで知られている。岡山県内では歴史の浅い野球部だが、これまで春5回、夏5回の甲子園出場を果たしており、全国レベルの強豪校だ。 広島東洋カープの九里亜蓮選手、横浜DeNAベイスターズの柴田竜拓選手など、プロ野球選手を輩出しているほか、大学野球、社会人野球で活躍している選手も多数い。 今年2月にはグラウンドがリニューアルされ、悲願の全国制覇に向け邁進している。

おすすめの記事