「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【しょね入っちゃあるな】和歌山県の野球強豪校4選

2016 7/31 09:20
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球ファンの方へ。 和歌山県は、野球の少数激戦区としても知られています。どのような強豪校があるのか知りたいとは思いませんか? 高校野球をもっと楽しむためにも、ここでは和歌山の強豪校を5校紹介します。

名将率いる強豪校!私立智辯学園和歌山高校

智辯学園和歌山高校は、言わずと知れた和歌山の強豪校。夏の甲子園出場は21回(優勝2回、準優勝1回)春の選抜大会も出場10回(優勝1回、準優勝2回)と全国レベルでみても圧倒的な成績を残しています。 2015年まで監督を務めた、高嶋仁氏はユーティリティプレーヤーをつくり上げることに長けており、鉄壁の守備は智辯和歌山の代名詞でもあったのです。高嶋仁氏が去った後の智辯学園和歌山高校が、どのような野球をみせてくれるのかとても楽しみです。

兄妹のプロ野球選手を輩出!市立和歌山高校

市立和歌山高校は、数多くのプロ野球選手を輩出している強豪校。ヤクルトスワローズで活躍する川端慎吾選手、女子プロ野球の川端友紀選手は兄妹そろって市立和歌山高校出身と、全国的に見ても珍しい兄妹プレーヤーの出身校としても有名です。 公立校ながら、県大会では毎年勝ち進んでおり、2014年には智辯学園和歌山高校の独占状態であった甲子園出場を阻止して、10年ぶり4回目の甲子園出場を果たしています。 強豪ひしめく和歌山県ですが、こういった公立高校の活躍が光っているのも特徴的ですよね。

公立高校唯一の春夏連覇!県立箕島高校

県立箕島高校は、公立高校として唯一の「甲子園春夏連覇」を成し遂げた和歌山の古豪です。名監督尾藤公氏が率いた1966年から1995年にかけては、春夏合計14回の甲子園出場を果たし、全国に”箕島旋風”を巻き起こしました。 元メジャーリーガーの吉井理人氏、元西武のエース東尾修氏など20人ものプロ野球選手を輩出していますが、これは和歌山県の高校として最も多い人数です。 2013年に、尾藤公氏の長男である尾藤強氏が監督に就任し久しぶりに夏の甲子園出場を果たしました。今後、親子2代監督として古豪の復活が期待されます。

甲子園出場20回を誇る伝統校!県立桐蔭高校

県立桐蔭高校は、旧制和歌山中学(学制改変前の名称)時代をあわせると夏20回、春16回の甲子園出場を誇る伝統ある古豪です。 1986年以降は、春夏どちらも甲子園出場を逃していましたが、2015年に21世紀枠で春の選抜大会出場を果たしました。しかしながら、夏の県予選では勝ち進むことができておらず、古豪復活への道のりはまだまだ時間がかかりそうです。新入部員を含めた1からのチーム作りを行い、智辯学園和歌山高校の牙城を崩したいところでしょう。今後の活躍に期待です。

監督によって変わる戦力図

先述したとおり、和歌山県の高校野球においては”名将”と呼ばれる優れた監督が多くみられます。 智辯和歌山の高嶋仁氏、箕島高校の尾藤公氏などの名将が率いた高校はいずれも甲子園常連となっています。そんな名将が一線を退いた現在、和歌山県の高校野球は勢力図が大きく変わる可能性もあるのです。 古くから少数激戦区として知られている和歌山ですから、どの高校が甲子園出場を果たしてもおかしくありません。名門校の連覇か?古豪の復活か?和歌山県の高校野球から目が離せませんよ!

まとめ

いかがでしたか? 近年は智辯学園和歌山高校の1強が続いていますが、名監督高嶋仁氏が去り今後の動向に注目が集まっています。和歌山の高校野球に注目してみてください。

以上「【しょね入っちゃあるな】和歌山県の野球強豪校4選」でした。

関連記事

おすすめの記事