「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【でら強い!】愛知県の野球強豪校5選

2016 7/31 09:20
名古屋
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県の高校野球を応援する方必見! 春や夏の甲子園大会が近づいてくると、県内の高校野球の有力校について知りたいと思うだろう。 ここでは、愛知県の高校野球で強豪校といわれる5校をご紹介しよう。

愛知県で甲子園最多出場を誇る中京大中京高校

春のセンバツの優勝は10回(全国1位)、夏の選手権の優勝は8回(全国2位)を誇る愛知県の高校野球は「私学4強」と呼ばれる名古屋市内の4校の私立高校(中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄)がリードしている。4校の中で春夏ともに最多出場(春30回、夏27回)を誇るのが、中京大中京高校である。甲子園での通算勝利数(春55勝・夏78勝)、優勝回数(春4回・夏7回)はいずれも全国最多となっており、また1931年から1933年にかけては夏の選手権3連覇を果たした名門中の名門である。プロ野球で活躍するOBも多く、嶋基宏(東北楽天)、堂林翔太(中日)、磯村嘉孝(広島)、伊藤隼太(阪神)の4選手が現役で活躍中である。

センバツを4度制覇!「春の東邦」こと東邦高校

甲子園出場回数で中京大中京高校に次ぐのが東邦高校(春28回、夏16回)だ。センバツを4度制し「春の東邦」の異名を持つ東邦高校だが、1977年夏の選手権では「バンビ」こと坂本佳一投手を擁し、選手権初の決勝進出を果たした。。決勝では兵庫代表の東洋大姫路高校に延長10回裏にサヨナラホームランを打たれ惜しくも敗北。選手権初制覇はならなかった。。このときの監督が、かつて「鬼の阪口」と呼ばれた阪口慶三監督(現・大垣日大高校監督)である。大学卒業後の1967年に東邦高校の監督に就任した阪口監督は、以降36年に渡り監督として活躍。東邦高校を春夏合わせて24回甲子園に導いた。プロ野球で活躍する東邦高校のOBは岩田慎司(中日)、関根大気(横浜DeNA)の2名である。

おすすめの記事