「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【きときと】富山県の野球強豪校5選

2016 7/31 09:20
富山 野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

北信越の雪深い環境の中、練習を続ける富山県の高校球児。富山県の強豪校には、他県に比べて県立高校が多いのだ。今回は、富山第一高校、県立高岡商業高校、県立新湊高校、県立富山商業高校、県立滑川高校の5つを紹介しよう。

野球部もサッカー部に続け!【富山第一高等学校】

1959年に創立された富山第一高等学校は富山県最大の私立高校である。サッカー部が強豪で2013年に全国制覇も成し遂げている。そのサッカー部に続けと野球部も負けてはいない。サッカー部が全国制覇を成し遂げた2013年に初めて夏の甲子園選手権大会に出場しベスト8まで進んでいる。甲子園でベスト8まで進んだ時の4番打者である幸山一大選手はドラフトで、育成枠ながら福岡ソフトバンクホークスに1位指名され、プロ入りを果たしている。

県立の雄【富山県立高岡商業高等学校】

1897年に創立され100年以上の歴史を誇る富山県立高岡商業高等学校は、富山県内では”高商”(たかしょう)の愛称で親しまれている。高岡商業は甲子園大会の常連であり、2016年6月現在、富山商業と並ぶ富山県内最多の17回の出場を果たしている。プロ野球選手も多数輩出しており、有名なところでは1998年の横浜ベイスターズ優勝に貢献した進藤達哉選手がいる。進藤選手はプロ野球引退後も独立リーグの富山サンダーバーズにて監督を務めるなど、地元愛の強い方だった。

おすすめの記事