「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【美の国】秋田県の野球強豪校4選

2016 7/31 09:20
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

東北地方が強くなってきた高校野球。その中でも名投手が多いとされているのが秋田県だ。山田久志選手、攝津正投手、石川雅規投手など、エースと呼ばれる名投手を多数輩出している秋田県内の野球強豪校を厳選して4校紹介する。

楽天の後藤 光尊選手を輩出!秋田県立秋田高等学校

秋田の強豪校を挙げる際に、必ず登場するのが秋田県立秋田高校だ。2003年以降、夏の甲子園大会出場は果たしていないが、これまで19回の甲子園出場経験がある。まさしく、”秋田の古豪”と呼ぶのにふさわしい高校だ。もちろんプロ野球選手も多く輩出しており、現役選手だと楽天ゴールデンイーグルスの後藤光尊選手が秋田高校出身だ。 ここ数年は、夏の地方大会においてもベスト8を果たしていないが、2015年の春季大会では準優勝に輝くなど新入部員の成長がみられる。1,2年生の活躍次第で、久しぶりの甲子園夏大会の出場も夢ではないだろう。

ヤクルトの石川 雅規選手を輩出!秋田市立秋田商業高等学校

秋田市立秋田商業高等学校は、2000年代に入ってからも7度夏の甲子園に出場している、甲子園の超常連校だ。2015年大会では、秋田の高校として久しぶりにベスト8に進出するなど、全国レベルで見ても高い技術をもった高校といえる。 秋田高校と共に古くから秋田の高校野球支えてきた存在であるため、公式戦で「秋田高校VS秋田商業」のカードが組まれると「秋田の早慶戦」と呼ばれるほど大変な盛り上がりを見せる。

おすすめの記事