「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年春の選抜で要チェックしたい、各校の注目選手たち

2017 3/30 10:32
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

2017年3月に開幕した第89回春の選抜高校野球。 出場校の32チームも出揃い、選手たちは甲子園での躍進を誓って総仕上げの練習に明け暮れています。 この記事では、今大会の出場校から注目選手をピックアップ。それぞれの魅力に迫っていきます。

北日本の各校は実力派の投手たちに注目!

2017年春の選抜に出場する注目選手たち。すでにドラフト候補とされている大器や、豊かな才能の持ち主が今大会も数多く名を連ねました。
北日本では、札幌第一の冨樫颯大選手、仙台育英の長谷川拓帆(たくほ)選手、盛岡大附属の平松竜也選手という3名の投手が注目を集めます。冨樫選手は細身ながら切れの良い直球とスライダーを持つ左腕。長谷川選手も左投げで、力のある直球にスプリットやスライダーなどの変化球も多彩。平松選手は本格派で、東北大会は19回2/3を投げ18奪三振という成績を残しました。
いずれも150kmを超えるような速球派ではありませんが、切れのあるボールを投げ込む好投手です。

おすすめの記事