「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校野球】春のセンバツに登場する「21世紀枠」を徹底解説

2017 3/29 18:30sachi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

2017年の選抜高校野球が3月19日に甲子園球場で開幕した。 この大会には「21世紀枠」として3校の出場が決定しているが、そもそも21世紀枠とはどんな基準で決められるのだろうか。 その歴史とともに解説する。

21世紀のスタート年から採用された出場枠

21世紀枠とは、選抜高校野球大会に設けられている出場枠だ。各都道府県から代表校が出場する全国選手権(夏の甲子園)とは異なり、春の選抜は各地方の代表校と明治神宮大会枠、そして21世紀枠で出場校が占められる。
2001年の第73回春の選抜から取り入れられたことから「21世紀枠」という名称になっている。部員数の不足、グラウンドの確保を含めた施設・環境面の不遇といった困難を強いられている学校や、ボランティアなどの地域活動に貢献し、他の模範となるような学校が対象となる出場枠だ。
ただし、これらの条件を満たしているだけでは出場は適わない。全国の舞台に立つ以上は野球部としてそれなりの実績が伴うことも必須となる。規定としては、秋の都道府県大会で128校以上が参加する場合はベスト32以上、それ以外はベスト16以上の成績を残していることとなっている。

複雑で困難を伴う21世紀枠の選出方法

恵まれない環境下、または地域貢献が模範的であり、かつ努力を重ね都道府県大会で一定の成績を残したチームに与えられる21世紀枠。これを最終的に選出するのは全国高校野球連盟(通称:高野連)だ。
現行の選出方法は、まず各都道府県の高校野球連盟が地元から1校を選出して高野連に推薦する。集まった47校から各地方の代表校として9校に絞り、最終的に出場校が選出されるという仕組みだ。時には地域特性や世相なども絡み、複雑で困難な選出作業が行われる。
春の選抜で初めて21世紀枠が採用された第73回大会は、福島県の安積高と沖縄県の宜野座高が選ばれた。以降も21世紀枠は2校が選出されてきたが、2008年の第80回大会から3校に増えて現在に至る。なお、第85回大会は記念大会のため21世紀枠は4校とされた。

おすすめの記事