「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年春の選抜、優勝候補から挙げる注目選手たち

2017 3/29 09:30sachi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov/shutterstock.com

第89回春の選抜高校野球が2017年3月19日に開幕します。 3年生メンバーが抜け、新チームとなった各校は昨秋から都道府県予選、地区大会、明治神宮大会などを経て甲子園に挑みます。 この記事では、センバツ出場校から優勝候補とされるチームの注目選手をピックアップしてご紹介します。

春のセンバツ優勝候補の履正社高で輝く注目選手たち

2017年春の選抜で優勝候補筆頭に挙げられているのが大阪の履正社高です。春夏通算で10回の甲子園出場を誇る強豪ですが、2014年の春に準優勝したのが最高成績で、優勝はまだ成し遂げていません。 それだけに甲子園での全国一が悲願となっている履正社ですが、昨秋の近畿大会と明治神宮大会で優勝を飾っており、今大会は絶好のチャンスといえそうです。
履正社高の注目選手といえば左の強打者、安田尚憲選手です。188cmとサイズもある三塁手で、飛ばす力と強肩を併せ持ちます。高校通算45本塁打を放っているプロ注目の大器です。
同じくクリーンナップを任される若林将平選手も、履正社OBで現ヤクルトの山田哲人選手と比較される逸材です。エースの竹田祐選手は140km台の直球で内角を突ける好投手です。

東京大会優勝、明治神宮大会準優勝の早実で注目される強打者たち

昨秋の明治神宮大会では準優勝に終わった早稲田実業高は、履正社への雪辱を胸に甲子園の舞台へ向かいます。チームの特色は強力な打線にあり、昨秋の東京大会から明治神宮大会決勝までの公式戦9試合全てで5得点以上を挙げています。
強打者揃いの早実を牽引するのが主将の清宮幸太郎選手です。今年のドラフトでは競合必至といわれる大物には、すでに風格さえ漂っています。高校通算78本塁打を甲子園でどこまで伸ばせるか期待が高まっています。
その清宮選手を従えて4番を任されているのは、まだ新2年生の野村大樹選手です。172cmと上背はありませんが、どっしりとした体格に加え、バットスイングの力強さは一見の価値があります。広角に長打を放つ器用さもあり、1年生ながらすでに23本の本塁打を放っています。

おすすめの記事